がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の緩和ケアを末期に限らず専門医師の大津秀一が提供。東京文京区緩和ケア外来クリニックで全国対応可能。オンライン診療(遠隔診療)対応。病気の進み具合を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

症状緩和で重要なアセスメント

緩和医療でもっとも重要な要素の一つに、アセスメント(評価)があります。

例えば、痛みに関しても、様々な原因があり、それによって有効な治療が変わります

吐き気一つにとっても、がんの患者さんの場合には多様な原因があり、それをある程度特定しないといつまでも合った薬が見つからない、ということもあります。

この症状の専門家のアセスメントが、症状緩和の肝(きも)ということになります。

素早く的確な症状緩和においては、このアセスメントは欠かせません。

難治あるいは強い苦痛症状に関しては、専門家のアセスメントを受けることをお勧めします。

その専門家が緩和医療医ということになります。

受診の一つの意義や価値は、「専門家によるアセスメントを受けること」とも言えるのではないかと思います。

 

 

Pocket
LINEで送る