がんや重い病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

AYA世代のがん患者さん

★AYA世代のがん

 

AYAとはAdolescent and Young Adultの略で、15~30歳前後までの思春期・若年成人のことです。

成長期、あるいは社会との関係を構築してゆく途上にがんと向き合うことになるので、様々な支援が必要になります。

 

どの年代の患者さんにおいても、医学的な側面ばかりではなく、社会的な側面など、多様な視点から全人的に関わることが重要です。

とりわけそれが必要なのがAYA世代の患者さんです。

 

そしてまた当然のごとく、AYA世代へも緩和ケアが大切です。

治療と並行して、身体や心、社会的な面、時には成長にも配慮しながら緩和ケアを行ってゆくことが不可欠となります。

国のがん対策推進計画(第三期)でも、AYA世代への支援推進が盛り込まれています。

 

また、AYA世代のがんを患う方の場合、ご両親が健在であることが多いでしょう。

ご両親にとっても、それは容易ではない体験だと拝察します。

一方で、患者さんがまだ小さいお子さんを育てておられたりなど、子供に関する問題もあります。

このように配慮しなければならないことはとても多いです。

患われている方は、多様な問題に直面し、何とか解決しようとされているのではないでしょうか。

医療者に相談することで、もしかするとより良い解決策が見つかったり、少しだけ気が楽になったりすることもあると思います。

 

患われている方はもちろんとして、ご家族(ご両親等)からのご相談も受け付けております

 

 

Pocket