がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が提供。全国相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

医療用麻薬

がんの痛みはすぐに緩和する必要がある

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説するがんの痛みはすぐに緩和する必要がある

たとえ薬が嫌いでも、がんの痛みの放置はより弊害あり

薬が好きではない方も多いでしょう。

気持ちはよく理解できます。

けれどもがんによる慢性的な痛みの場合は、その考えは捨ててください

 

自然に収まらないがんの痛みは、対処法が違う

もちろん、転移しているのではないか等の不安から、関係のない部分が痛んだりすることはあるでしょう。

それらは時間の経過や、心配の改善とともに軽減するでしょう。

けれども、そこに腫瘍があって、そして腫瘍に対してがん治療があまり奏効していない場合の痛みは、自然に見ていれば良いというものではありません。

それ以上の組織障害の歯止めとなる効果もある急性の痛みと違い、がんの慢性の痛みは放置しても百害あって一利なしとされています。

それは何の得もない痛みだからです。

ましてや、昔はそのような理解をされる方もあった、「痛みがなければ、進行がわからない」「だから痛むほうが良い」「痛むほうが生きていると実感できる」等という考えは、最近では全く当てはまりません

画像やデータで、進行は完全に把握することができます。

わざわざ痛みを我慢して、それを指標にしなくても、十分病勢を理解することは可能なのです。

それでは放置の弊害とは何でしょうか?

 

それは慢性痛が脳に影響しうること

もちろん痛みが次なる苦しみを続発されることはあるでしょう。

例えば頑迷な痛みが持続すれば、うつ病にもなりやすくなるでしょう。

けれども、ことはそれだけでは済みません。

慢性的な疼痛が持続すると、脳等の神経系も変化することが指摘されています。

参考;手術後ずっと痛い 慢性の痛みの鎮痛 痛み止めと緩和ケア

慢性の痛みをなめてはいけません(誰もなめてはいないと思いますが)。

痛みを持続的に自覚することが、脳を変化させ、さらなる手強い痛みに変えてしまう可能性もあるのです。

 

痛みの治療は初動が肝心

「薬が嫌いでも、がんの痛みの場合は嫌いにならないでください!」

ということになります。

我慢の弊害は甚大です。薬よりも痛みの放置のほうがよほど怖いです。

痛みが良くなれば薬は減らすこともできます。

痛みの放置のなれの果ての難治化では、薬の治療に抵抗性になることもあります。

脳の変化からの痛みの難治化を招かないためにも、がんで痛む場合は緩和ケアの専門家に早めに相談しましょう。

動画で痛みの緩和は初動が大切なことを解説しました。ぜひご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

 

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

Pocket
LINEで送る