がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

息苦しさ 呼吸困難 咳・痰 緩和ケア

息苦しさ・息苦しい症状の緩和ケア

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説する息苦しさや呼吸困難、咳や痰の緩和ケア

息苦しさの緩和ケア

息苦しさといっても原因はいろいろです。

がんの場合は、一般に、病気が進行すると出現してくる可能性があります。

もちろん肺がんや肺転移がある場合だと、主要な苦痛症状になりえます。

がんばかりではなく、慢性心不全などの心疾患や、慢性閉塞性肺疾患(COPD)等の心・肺疾患でも、息苦しさは中心的な症状となりますね。

肺炎などの感染性疾患を併発することで、より症状が強くなることもあります。

 

息苦しさはつらい

息苦しさは、死の恐怖ともつながりうる苦痛症状と指摘されています。

痛みもつらいですが、息苦しさも相当つらいです。

しかし痛みよりも掬い上げられていない場合もあります。

息苦しさの対応は、医師に必ず求めましょう。

医師の中でも、内科や呼吸器内科が相談先になります。

 

息苦しさといっても原因はいろいろ

息苦しさの原因はいろいろです。

息切れを息苦しさとおっしゃる方もいますね。

病気が次第に進行すると、だるさが強くなり、それで易疲労性が出ますが、それで息切れを自覚しているようなケースもあります。

肺病変も、胸水だったり、リンパ節の腫大による気管の圧排だったり、腫瘍の気管への直接浸潤だったり、原因は多様です。

それらの原因を見極めて対応していきます。

 

息苦しさの対処

低酸素血症がある場合は、酸素療法を行います。

慢性閉塞性肺疾患などの場合は、酸素投与量を熟考する必要があります(多めだとむしろ良くない)。

ただ低酸素血症がなくても息苦しさや呼吸困難があるケースも頻々とあります。

薬物療法としては、モルヒネなどのオピオイド薬や、ベンゾジアセピン系の抗不安薬などが有効です。

息苦しさの緩和ケアについて動画で紹介しています。

↓↓↓↓↓↓↓

#13 つらい息苦しさからの解放

療養する部屋に空気の流れを作ることも、緩和に役立ちます。

 

まとめ

息苦しさの原因や症状緩和にも専門家によるアセスメントが重要です。

完全緩和は難しくても、できることや試みられることは様々にあります。

担当医に相談し、それでも症状が変わらなければ、緩和ケアの専門家の介入をお願いするのが良いでしょう。

がんだけではなく、診療報酬が認められた末期心不全においても、緩和ケアチームの関与が期待できます。

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

ぜひチャンネル登録・ブックマークよろしくお願い申し上げます。

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

Pocket
LINEで送る