がんや重い病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

終末期医療・終末期ケア

★終末期医療に必要なもの

 

終末期医療には知識と経験が必要になります。

まず苦痛をしっかり和らげる必要があります。

そこに緩和ケアの知識が活きます。

また、どの医療行為をどれくらいまで行うかも重要です。

と申しますのは、やり過ぎると、苦痛だけが増えて、一方で期待できる生活の質や余命も変わらない、ということがありうるからです。

院長は、これまで数多くの患者さんの終末期の苦痛緩和に携わり、看取った患者さんはがん、がん以外を問わず非常に多いです。その経験を活かして、書籍も出版しています。

 

専門家の視座からご助言申し上げます。そして、何が患者さんにとって最良なのか一緒に考えましょう。

 

Pocket