• 早期緩和ケア大津秀一クリニックが連携して提供する全国サービス「どこでも緩和」

緩和ケアクリニックでがんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国対応。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来で東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。スマートフォン等を用いたビデオ通話で相談することもできます。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスへのファビピラビル、ナファモスタット、クロロキンなど最新治療薬情報

がん患者は中国で流行する新型肺炎 コロナウイルスにどう対処したら良いか

2020年3月現在、世界は新型コロナによって大きな影響を受けています。

一方で、この病気に対する治療も様々に研究され、試行錯誤が続いています。

日本の治療薬の現況と、最近報じられているファビピラビル(アビガン)とナファモスタット(フサン)などについて皆さんに情報提供したいと思います。

なおこれらの薬は現在保険適用外であり、この記事は広告などを目的としたものではなく、このような研究が進んでいるということを学術的に皆さんにお伝えするものであることを確認しておきたいと存じます。

 

日本の治療実績が続々報告されている

日本感染症学会HPには、積極的に新型コロナウイルスの治療薬に関する報告が掲載されています。

3月18日現在では下記のようなものがあります。

ロピナビル/リトナビル合剤が有効であったと考えられた COVID-19 関連肺炎の一例

「悪化兆候があった直後に投与し状態が改善に向かっており、有効であった可能性がある。また、呼吸不全が進行してから投与した場合は必ずしも有効ではない報告もあることから、投与した時期が適切であった可能性がある。副作用があるため、COVID-19 症例にロピナビル/リトナビル合剤をやみくもに投与することは避けるべきである」

ロピナビル/リトナビル(カレトラ)は報告によって効果の記載が異なります。

有名医学雑誌のLancetに掲載された下記の論文では次のように記されています。

Clinical course and risk factors for mortality of adult inpatients with COVID-19 in Wuhan, China: a retrospective cohort study

we did not observe shortening of viral shedding duration after lopinavir/ritonavir treatment in the current study.

すなわちウイルス排出期間を短縮することは出来なかったというのですね。

ただし、この日本の研究では、重症化が進んでからではなく、重症化が認められた時点で投与することで、有効性が得られたのではないかと説明しています。

 

ヒドロキシクロロキンを使用し症状が改善した COVID-19の2例
新型コロナウイルス(COVID-19)肺炎を来した血液透析患者に対してクロロキンを投与した一例
※いずれもヒドロキシクロロキン使用

日本では他の病気に対して保険適用が通っているヒドロキシクロロキンを用いて試験的に治療が行われています。

クロロキンは抗マラリア薬ですが、新型コロナウイルスにも実験室レベルで有望な薬剤と指摘されています。

報告を見ると、上記のように効果を思わせる事例があったようです。

なお血液透析を行っている患者さん(腎不全の方)にも通常用量で使用できたというのが後者の研究です。

 

市中病院で経験した、人工呼吸器装着が必要であった重症 COVID-19 肺炎の感染対策、治療について

この論文は、病院の職員が新型コロナを発症し、重症の患者の受け入れを拒否される中に治療を行ったケースであり、各所でも取り上げられました。

医療崩壊を来たせば、このように一般病院で重症患者を診なければならないことも想定され、考えさせられるところが多い症例報告です。

治療としては抗インフルエンザ薬のイナビルとラピアクタ、抗 HIV 薬(プレジコビックス配合錠 ®)、抗C型肝炎治療薬(レベトール®)およびエラスポール®(シベレスタット)を併用しています。

シベレスタットは、ウイルス性肺炎などを契機としてARDS(急性呼吸窮迫症候群)に至る原因である「炎症」を好中球エラスターゼ阻害効果を介して和らげ、ひいては急性肺障害を改善せしめる薬剤として本例でも有効だった可能性が示唆されています。

参考文献;重症肺炎に伴う急性肺障害に対するシベレスタットナトリウム(エラスポールⓇ)の有用性の検討

 

ファビピラビル(アビガン®)

中国から、ファビピラビルに関する報告が為されました。

中国では3/18現在、5件のファビピラビル関連の臨床試験が行われているようです。

なかにはファビピラビル単剤ではなく、トシリズマブ(炎症性サイトカインであるIL-6を阻害する薬剤)の併用試験までありますね。

今回アナウンスされたのはファビピラビルと他の薬を比較した結果の口頭での報告です。

ファビピラビル関連の中国の臨床試験リスト(英語)

ファビピラビルも含めた新型コロナ関連の臨床試験一覧(中国。英語)はこちら

まだ現在は論文化はされていないようなのですが、複数の媒体で下記のように報じられています。

チャイナ・デーリー(英語)

The Third People’s Hospital of Shenzhen in Guangdong province conducted a clinical trial on 80 patients, with 35 receiving the drug. The results have shown patients treated with favipiravir took four days before being tested negative, whereas the control group took 11 days.
The lung conditions of 91.43 percent of the treated group have improved as shown in chest imaging, compared with 62.22 percent of the control group, Zhang said.
In another comparative experiment on 120 patients conducted by Zhongnan Hospital of Wuhan University, the results have shown the treated group had a higher recovery rate at the end of the treatment and took less time to reduce fever and relieve cough.
In terms of safety, Zhang said the drug, developed in Japan and approved for marketing in Japan in 2014, has shown no obvious adverse effects since listing nor in clinical research on the treatment of COVID-19.

ウイルスの陰性化が、ファビピラビル投与群では4日、対照群では11日。

肺の画像検査上の改善が、ファビピラビル投与群では91%、対照群では62%。

これが浙江省での80人を対象とした試験。

また武漢での120人を対象とした別の研究では、回復率向上や、解熱や咳の緩和が認められたとのことです。

CGTN(英語)

Another trial in Wuhan found the medicine can also shorten fever duration from an averaged 4.2 days to 2.5 days.

発熱期間が4.2→2.5日と書いてありますね。

ただ、ファビピラビルは臨床上は耐性が認められていないものの、実験上耐性が形成されることはわかっており、無軌道に使用されるようになると当然耐性化の懸念があります。引き続き本当に必要な症例を絞って治療してゆくことが必要でしょうね。

なお報じられないだけで、日本でも臨床試験が行われているとのことです(研究は軽症者向けなのですね)。

SARS-CoV2感染無症状・軽症患者におけるウイルス量低減効果の検討を目的としたファビピラビルの多施設非盲検ランダム化臨床試験

 

ナファモスタット(フサン)、カモスタット(フオイパン)

3/18昼に、下記のニュースが報じられました。

東京大の研究チームは18日、既存の膵炎治療薬「ナファモスタット」で、新型コロナウイルス感染症の治療効果を得られる可能性があると発表した。感染初期にウイルスが人の細胞に入るのを防ぐ働きがあるとみており、人への試験的な投与を行う方針。

なぜ膵炎の治療薬が効くのか、ということなのですが、膵臓が炎症を起こすとタンパク分解酵素が上昇し、身体に害を為します。それを抑えるのがナファモスタットや、類似薬のカモスタットです。

しかしタンパク分解酵素の役割は多岐にわたりますし、それを悪用しようとする病原体もいます。

実は、今回の新型コロナも、細胞への侵入にTMPRSS2というタンパク分解酵素(正確にはセリンプロテアーゼと言います)を使用する可能性が示唆されています。すでにACE2受容体を介して侵入することはわかっているのですが、さらにこのTMPRSS2を使用して効率を高めている可能性があるのです。

このセリンプロテアーゼを阻害する(邪魔をする)ことができるのが、ナファモスタットやカモスタットなのです。

ウイルスは多様な侵入・拡散方法を己の生存のために使用するのですが、その一つがタンパク分解酵素の利用です。

それを妨げるナファモスタットもカモスタットもインフルエンザ増殖抑制効果もあるとのこと。

気道上皮プロテアーゼによるインフルエンザウイルスの活性化 ―治療への応用の可能性―

しかも新型コロナと同じコロナウイルスに属するMERS(中東呼吸器症候群)の際の研究では、侵入だけではなく、放出にもTMPRSS2は一役買っているようなのです。

プロテアーゼ阻害剤による呼吸器系ウイルスの制御

すでに新型コロナに関してもドイツの研究者により、カモスタットがTMPRSS2を阻害して抗ウイルス効果を示すのではないかと、先日有名科学雑誌のCellに投稿されていました。

SARS-CoV-2 Cell Entry Depends on ACE2 and TMPRSS2 and Is Blocked by a Clinically Proven Protease Inhibitor

類薬なので、ナファモスタットもカモスタットと同様なメカニズムで効果を期待しうると考えられます。

実際の効果が待たれますね。

 

まとめ

新型コロナも世界中で広がりを見せていますが、このように日本などでも新たな治療の模索と、効果がありそうな報告も出てきました。

重症化すると難儀なのが同ウイルスです。治療の発展に期待したいですね。

接触感染が多いとされる新型コロナ。治療薬が乏しい現況では消毒が重要です(★有効な消毒液をまとめました)

◯ 62〜71%エタノール

◯ 0.5%過酸化水素

◯ 0.1%次亜塩素酸ナトリウム

なお、2020年現在、消毒用のエタノールは品薄状態が続いており、無水エタノール4と精製水1の割合で作成することが一つの解決策です。

ただし、 燃料用アルコールの「メタノール」と間違えないこと、無水エタノールは引火しやすいため火の近くで作成しないこと、また乾くまで擦り込むことが大切なので手からしたたる程度までの量を使用することなどが大切です。

次亜塩素酸に関しては下記のページが参考になります。

次亜塩素酸水を使う際の目安濃度・適切なppmについて

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム液の特性の比較

◎なくなるたびに購入待ちの行列に並ばぬように家に次亜塩素酸水が届けられるサービスもあります→除菌水ジーアなら新鮮な次亜塩素酸水が毎月届く

また、新型コロナでのデータではありませんが、ウイルスの中でも新型コロナに近いSARSに関して、食器洗いに使う市販の中性洗剤も消毒作用があることが確認されています。

0.5%の濃度で「100万個」のSARSウイルスを倒すことができ、中性洗剤には薄めても十分に消毒効果があることがわかったとのことです。界面活性剤が同ウイルスに対して有効とのことです。

こちらも選択肢に挙がることでしょう。

 

Pocket
LINEで送る

つらさから解放され、病気に負けずにうまく付き合うための情報はこちらで入手できます

健康長生きの方法と準備のポイントをまとめた最新刊

↓↓↓↓↓↓↓



 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「早期緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

早期からの緩和ケア医ツイッターです。

フォローお願い申し上げます。

大津秀一ツイッターの画像です

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

 

 

非オープン情報含む無料メルマガ登録はこちら