がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が提供。東京文京区緩和ケア外来クリニックで全国対応可能。オンライン診療(遠隔診療)対応。病気の進み具合を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケア 病院 入院

ホスピス・緩和ケア病棟のメリット

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説するホスピス・緩和ケア病棟のメリット

ホスピス・緩和ケア病棟はぶっちゃけどうですか?

「ホスピス・緩和ケア病棟はぶっちゃけどうですか?」

と尋ねられることがあります。

もちろん良いです。

その一言。

ただ、「大病院ならば緩和ケアチームがいるじゃないですか? もともとの主治医と緩和ケアチームに診てもらえば、緩和ケアはホスピス・緩和ケア病棟と遜色ないのではないですか?」と質問されることもありますね。

皆さん、どう思われますか?

答えは、次の動画で。

 

しかし緩和ケア病棟やホスピスにも障害が……

何度か紹介しているように、緩和ケア病棟やホスピスにも固有の問題があります。

下記をご参照ください。

ホスピス費用シュミレーション

緩和ケア病棟・ホスピスの入院期間は?

その中の1つに、現状、長期の入院が徐々に難しくなっているという状況があります。

また、抗がん剤治療を受けていると、入院予約面談の予約が受けられないという施設もあります。

また各施設ごとに、直接アプローチを必要とするところもあれば、まず医療者からの連絡を求めるところもあります。

それなので、緩和ケア病棟やホスピスにうまく入るにも、傾向と対策が必要です。

受験と同じで(?)、ベルトコンベア式に入れるとは限らない点に問題があるのです。

早期緩和ケア外来では、適切な時期に適切なアプローチを行うことを支援するので、「緩和ケア病棟を希望したのに間に合わなかった……」という悲しい事態を防ぐことが可能となります。

在宅もとても良いですが、やっぱり病院で最期を迎えたいという方もいらっしゃるでしょう。

がんの終末期においては、病院に関しては緩和ケア病棟やホスピスに一日の長があります。

ぜひ早期から緩和ケア外来にかかって、必要時に遅滞なく入院できるようであってほしいですね。

動画もご覧ください。

 

 

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

Pocket
LINEで送る