がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず早期受診できます。遠隔診療(オンライン診療)で全国対応可能。診療所は東京文京区所在(椿山荘の近く)ですが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

1分でも元気に長生きする方法

1分でも長生き 一分でも元気に長生きしたい その方法3つ

1分でも長生きする健康術

早期緩和ケアはより良く生きる方法

早期緩和ケアは、自然回復が一般に困難な慢性病に、適切なサポートを継続的に提供することで、生活の質を上げ、苦痛を減らし、生きやすくするものです。

本道は、苦痛や不安の改善(=緩和)と、生活の質の向上です。

元気でも、世の中は時に生きづらいものです。

疾病にかかると、それをより自覚する機会があるかもしれません。

専門的な支援をもとに、生きやすくするようにサポートするのです。

そしてできれば、という目標もありますね。

それは生きづらい、苦痛が多い日々だと、結果的に生命の長さに影響する側面もないとは言えないことです。

したがって、生活の質の改善や、望ましい思考・行動への変化を支援し、誤った決断を避けるようにサポートすることが、より長く生きることにつながるのです。

 

病気になってからの1分でも長生きする方法

生涯無病な人は稀です。

人は病気になるのが当たり前です。

病気が大きなきっかけになったという方も多くいます。

そのままの生活を続けていたら、もっと早く死んでいたかもしれない・・・という方もいますね。

それを一つの警告や転機、良い機会と捉えて、再び健康な生活を取り戻していった方も多くいます。

がんもそうです。

がんになってからも、1分でも長生きするために心がけることはあります。

 

長生きするための習慣や心がけ・心得とは何か?

大きく3つあります。

1つは食事です。2つめは運動です。

3つめは……下の本で徹底的に解説しました。

本書では、科学的な根拠を大切にし、今わかっていることを余すところなく注ぎ込みました。
病気になる前に知っておけばそれに越したことはありませんし、病気になってからも、1分でも元気に長く生きる術はあります。
ぜひ読んで頂いて、あるいは大切な方にお勧め頂いて、元気で長生きをして頂ければと思います。

よろしくお願いします。

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

Pocket
LINEで送る