がんや重い病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

実地医家の先生、病院の先生へ

当クリニックは原則的に症状緩和を先生方と並行して施行することを目的としたクリニックです。

それなので、かかりつけ医・主担当は先生方のまま、私どもは症状緩和に特化して、御支援申し上げることになります。病院において緩和ケアチームが、担当医チームと協働して症状緩和に働くのと類似した形態です。

患者さんの苦痛等の問題が解決されれば、もともと診療くださっている先生の御診察に一元化します。

患者さんの診療主体が当院に移るわけではありませんので、御心配なく御紹介頂ければと存じます。

 

 

★病院の先生方へ

 

病院に、いつでも相談でき、迅速に対応してくれ、力量ある緩和ケアチームが存在すれば最高ではありますが、実際には様々な事情があるのではないかと拝察されます。

また普段の忙しい外来診療で、症状緩和までなかなか手が回らないことはありうることだと思います。

先生方と一緒に緩和ケアを行って参りたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 

 

★緩和ケアチームの先生方、スタッフの皆さんへ

 

普段から緩和ケアの施行、大変お疲れ様です。

病院によっては、なかなか全ての患者さんに緩和を施すのが難しい場合もあると存じます。

例えば患者さんから聞いて私が知っているところでは、終末期以外はなかなか対応できなかったり、精神的な問題に関しての対処も難しい、というケースがあるのではないかと思います。

ぜひ先生方や皆さんとも協力して、患者さんの緩和を推し進めたく存じます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

★ご開業されている先生方へ

 

私の専門分野は緩和ケアで、当院はそれに特化した医院です。

したがって、先生方の御専門分野とは重ならないことがほとんどだと存じます。

その点で、先生方とも協働し、あくまで症状緩和という点で関わることができたら幸いです。

どうかよろしくお願い申し上げます。

 

 

上記に当てはまる先生方、スタッフの皆さんも、お悩みの患者さんがおられましたら、ぜひご紹介ください。

なお現状の所、原則として、医療者間の相談に乗る体制とはしておりませんので、該当の患者さんがおられましたら、先生方あるいはスタッフの皆さんから、患者さんあるいはご家族が直接当院にご予約を取られるようにお勧め頂けたらと存じます

 

 

Pocket