がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

東京 緩和ケア外来

緩和ケアは最後の治療ではない|東京の緩和ケア外来クリニック

早期緩和ケア大津秀一クリニック外来の待合室2

100回では足りない1000回言う

#緩和ケアは末期じゃない

そう唱え続けています。

しかしいまだに、緩和ケアを末期だと捉えている方は非常に多く、

しかも最も受けるべき中等度以上の進行がある患者さんが、末期であると誤解して緩和ケアを受けたがらないという本末転倒状態があります。

ここをご覧の皆さんの多くは、釈迦に説法でしょう。申し訳ありません。

けれどもここにたどり着いているだけで、皆さんは意識が高いのです。

世の中には、緩和ケアをまったく知らなかったり、知っていても末期だと勘違いしている方がたくさんおられます。

どうか引き続き、私の諸記事をシェアやご紹介頂ければありがたいです。

全ては、困っている方にサポートの手が及ぶためです。

実際に、私の記事を契機に動いて、緩和ケアが受けられるようになったという報告も来ています。嬉しかったですね。

病院の早期緩和ケア外来受診に必要なのは「知ること」「動くこと」

非標準治療や健康食品を勧める人はいても、早期緩和ケアを勧める人があまりいないのは嘆かわしいです。

「緩和ケア?!」

とギョッとされるのも危惧されるのかもしれません

それだとしたら、私のサイトをぜひ紹介してください。

とにかく緩和ケアとつながることが大切です。

 

緩和ケアの従事者も嬉しい早い紹介 看取り屋や鎮静屋ではない

人は最後に旅立っていきます。

病気の高度進行とともに、いろいろなことができなくなることは避けられません。

症状はある程度和らげても、できることは少なくなります。

それを、最終末期になって緩和ケアに頼って一発逆転を狙っても、それは無理というものです。

緩和ケアの従事者も忸怩たる思いです。

まるで看取りだけ行うしかない「看取り屋」や、他の緩和策が(余命があまりに短く苦痛が甚大なので)ないので鎮静しかないため紹介されても鎮静の助言しかできない「鎮静屋」になっているような気もするものです(※看取りを行ってらっしゃる方々に対して何か批判めいたり下に見るようなことを言っているわけでは断じてないので、誤解されないでくださいね。念のため。看取りもとても大切な仕事ですが、緩和ケアはもっと早くから関わることで看取りに限定しない幅広い支援ができるのに、という意図です)。

できれば、ある程度の時間を悔いがないように過ごしてほしい。

それが臨床の現場を知っている緩和ケア従事者の願いなのです。

 

緩和ケアは最後の治療という前提で書かれているものは怪しい

インターネットで緩和ケアという言葉を調べると、実にいろいろなサイトが出てきます。

「緩和ケアと言われたら」

「緩和ケアはまだ早い」

といったような(いろいろな表現がありますが)、緩和ケアは末期で、それより他にこんな治療があるよ、と記してあるようなサイト注意深く見る必要があります。

東京も様々なクリニックがありますし、緩和ケア外来を持っているクリニックもあります。

本当の緩和ケアの担い手は、緩和ケアは末期じゃないことを伝えるものです。

緩和ケアは最後だけの治療ではないからです(経過中に最後まで支えるということはあっても、最後に限定はされない)。

しかしそれが最後の治療であることを前提で記してあるようなもの、しかも「緩和じゃなくてこれがある」的な治療紹介のものは、よくサイトを読み込むと良いでしょう。

 

隠さないで直球で

前職でも、「緩和ケアと患者さんに伝えたほうが良いのか否か」は常に議論がありました。

緩和ケアという言葉は、しかし、とてもよく知られているというかえがたいメリット(考えようによっては)があります。

ここは直球で、「生きるために緩和ケアを受けるのだ」と伝えてください。

医療者やご家族の方にはそうお伝えしていました

おどおどと伝えると届きません。

「緩和ケアは末期ではありません」

「生きるために受けるのです」

と力強く言い切ってください。

少なくとも、緩和ケアの経験を重ねた私は、そこに全く迷いはありません

本当にその通りだからです。

ぜひ困っている方がいたら、お伝え頂ければと願います。

 

RESERVA予約システムから予約する

 

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

 

Pocket
LINEで送る