がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず早期受診できます。遠隔診療(オンライン診療)で全国対応可能。診療所は東京文京区所在(椿山荘の近く)ですが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケア・緩和医療

苦痛を取ってもらって穏やかに過ごしたいんです

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説する苦痛を取ってもらって穏やかに過ごしたいんです

苦痛を取ってもらって穏やかに過ごしたいんです

「苦痛を取ってもらって穏やかに過ごしたいんです」

そのような言葉はよく聞きます。

「延命治療までして長生きしたくないんです……」と。

どちらかと言うと、在宅医療でよく聞くことがあります。

居宅の方や、ホームの方から。

 

「この先生は、緩和ケアの先生なんですよー」

と紹介されると、

「あ、そうなんですね」

……あれ?

 

絶望的な知名度「緩和ケア」

緩和ケアというと、がんのイメージが非常に色濃いです。

もちろん、がんを患っている方は、最重要な緩和ケアの対象であることは間違いありません。

ただ、逆に、がんを患っていないと、どこか他人事のように思えてしまうのか、緩和ケアといってもあまりピンと来ない方も多くおられます。

ところが、緩和ケアは対象をがんに絞ってはいません

特に海外では、広い範囲の病気が対象疾患になっています

老いに伴う諸症状も、放置されて良いことは一つもありません。

腫瘍を患う方と同じように、つらい症状は緩和されるべきです。

けれども、がんでも必ずしも緩和ケアがよく理解されていないくらい(特に、早期から受けられる等ということは)ですから、がん以外でも緩和ケアが必要なのだということは絶望的な知名度と言えますでしょう。

それなので、まだまだ

「この先生は、緩和ケアの先生なんですよー」

と紹介されると、

「あ、そうなんですね」

なのですね。

 

苦痛を取ってもらって穏やかに過ごしたい場合は緩和ケアを求める

実を言うと、「苦痛を取ってもらって穏やかに過ごしたいんです」と言うだけでは、それはあくまで願望の発露に過ぎません。

そのための手段を考えねば、それは運任せです。

手段は何か。

ここをご覧のような皆さんは、即答できると思います。

ここを読まれていないような方々の場合に問題になります。

そう、「しっかり緩和ケアを提供してくれる医療者にかかること・つながること」ですね。

できれば、「苦痛を取ってもらって穏やかに過ごしたいんです」という願望ではなく、「緩和ケアを受けたいんです」「緩和ケアができる医療者を希望します」という具体的な要望で示せると良いのではないかと思います。

そしてひとたび緩和ケアの従事者とつながったら、「待ってました。ぜひこうしてほしい」と思いを伝えられると良いですね。

 

まとめ

人の最後は千差万別です。

大した医療・ケアの介入がなくても穏やかに過ごせるケースもありますが、その逆の場合もあるのが問題です。

それなので、「大は小を兼ねる」で、オーバースペックくらいに緩和ケアを駆使できる医療者をそばにつけておくことが重要です。

難しい苦痛が万一出てしまったら、どうしたら良いのか? ということです。

やり直しはできないのです。

 

緩和ケアという言葉を知っておくことがスタートになります。

どうか皆さまも周囲にお伝えくださいね。

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

Pocket
LINEで送る