がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療(オンライン診療)にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケアの技術

がん緩和ケアの病院・クリニックは技術で選ぶ カスタマイズの力

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説するがん緩和ケアのクリニックや病院は技術で選択する

最初から緩和ケア部門を見て病院を選ばないために起こること

緩和ケア部門は、主担当科と協働して専門性を発揮します。

病気の診断時期で緩和ケア科から受診して入院するということがないため、緩和ケア科のことまで考えて入院する方は稀でしょう。

そのため、ある科では有名な病院でも、緩和ケア科がどうかはわかりません。

なかには、緩和ケア科がなかったりあまり機能していない病院もあります。

多くの場合、運任せとなるのはやむを得ないところです。

それなので、私が知っている行動的な患者さんは、緩和ケア科が優れている病院と、自分がかかっている(抗がん剤治療を受けている)病院を分けていることもあります。

これは、手間はかかりますが、現行の医療制度を考えると賢いやり方です。

餅は餅屋で、本当の専門家にかかるのが一番だからです。

なお、そのようにしても近隣の病院・クリニックで緩和ケアの優れた臨床家とつながるのが難しい場合も対応できるように、ここ早期緩和ケアクリニックは設立されています。

それなので、情報をよく知っている限り、緩和ケアが受けられないということは実はもうないのです。

現実は、知らない方がたくさんおられますから、まだまだ「緩和ケアを受けられない」という嘆きを目にします。

もっと知って頂ければと思いますね。

 

緩和ケアの技術

下記の動画をご覧ください。

手術に腕の差があるのは誰でも推測できると思います。

内科的な技術にも、もちろん差があります。

それは診断や評価の正確さやスピードです。

「見立て」と言われるものですね。

そこが優れているのが本当の専門家の特徴です。

 

治療のカスタマイズの巧さが専門家が専門家たるゆえん

緩和ケアクリニック選びの要点は下記でもお伝えしました。

↓↓↓↓↓↓↓

がん緩和ケア(含がん治療)のクリニック選びの要点

抗がん剤治療の専門家は、抗がん剤の量を適切に調整します。

それと同様に、緩和ケアの専門家は、①緩和薬の量を、②その方の希望にできるだけ沿い、かつ③実行可能なように調整します。

例えば、ご高齢の方の場合、服用回数が少ないほうが良いですし、1日1回飲むほうがやりやすいのか、1日1回貼るほうがやりやすいのか等々、その方に合わせて調整します。

症状緩和が叶う最も適切な方法を選択するところに、専門家が専門家たるゆえんがあります。

またその調整にセンスや経験が生かされます。

いつもお伝えしているところですが、適切な専門家にかかることが大事! というのが患者さんやご家族へのご助言となるでしょう。

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。

ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

ぜひチャンネル登録・ブックマークよろしくお願い申し上げます。

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

 

Pocket