がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケア クリニック

がん緩和ケア外来

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説するがん緩和ケア外来(がん相談)の使い方

癌緩和ケア外来(がん相談)をどう利用したら良いのか?

「がん緩和ケア外来をどう使ったらよいのでしょうか?」

そのようなご質問を受けることがあります。

実はなんでも話して頂くだけで良いのですが、限られた時間に結果を出したいという方もたくさんおられるでしょう。

がん緩和ケア外来の受け方についてお伝えします。

 

基本は紙に書く 資料は集める アセスメントの鍵は固有の情報

経験豊富な緩和ケア医師は、必要な情報を引き出すプロフェッショナルでもあります。

それなので任せておいても、緩和ケア医は必要な情報を得て、各問題点に関して良い提案を為せるとは思います。

一方で、もちろん受診を考えられる方は、それぞれ知りたいことや聞きたいことがあると考えます。

それなので、それらの質問や疑問は、尋ねそびれがないように、紙に記しておくのが良いでしょう。

家に印刷環境があるならば、2部用意して医師に1部渡して、見ながら話を進めるのでも良いですね。

また正確なアセスメントをもらうためには、病歴や画像のレポート、血液検査結果などを持参して頂いて、求めがあれば見せるのが良いでしょう。

 

早期緩和ケアの重要な要素を理解する

緩和、と名前がついているので、症状緩和が要素としてあるのは容易に理解できると思います。

つらい症状や不安があれば、余さずお伝えするのが良いと考えます。

ただし、早期緩和ケアの要素は症状緩和だけではありません。

衝撃 メタ解析 早期緩和ケアで全生存改善

ストレスのコーピングや、治療の意思決定、アドバンス・ケア・プランニングなども挙げられています。

すなわち、生活をどう送ったら良いか、医療者とどう付き合うのが良いのか、今の治療に関してはどうか、あるいは今後はどうしたらよいのか等々も、相談する内容して挙げることができるでしょう。

 

定期的な受診が望ましい

がんの場合は、数ヵ月単位で何らかの変化が生じることはまれではありません。

それなので、基本的には毎月あるいは隔月程度の受診が望ましいでしょう。

もちろん担当医の外来で質問するため、という目的も含めて、疑問点や不安なところ、知りたいことは常にメモしておかれると良いでしょう。

そうしないと、結構忘れたりすることもありますよね。

そして特に治療に関しては、担当医から十分情報を入手し、治療に関しての補足の情報は早期緩和ケア外来で尋ねたり、あるいは治療以外の生活上の疑問やストレスの対策等も緩和ケア医に聞いてみるのが良いでしょう。

 

まとめ

がん緩和ケア外来(がん相談)を上手に使えば、病との付き合いが楽になり、より良い方向に経過が変わることもあり得るでしょう。

うまく活用してくれればと願います。

 

緩和ケアは末期になってからではありません。下の動画にあるように上手に勧めましょう。

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る