がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療(オンライン診療)にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

東京 緩和ケア外来

退院から1カ月以内の受診で再入院のリスクが5割減<精神疾患>

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説する早期受診で入院リスクが減少

退院から1カ月以内の受診で再入院のリスクが5割減

統合失調症と双極性障害(そううつ病)の入院患者が退院から1カ月以内に精神科を受診すると、再入院のリスクを約5割も減らせるとわかったそうです。

<精神疾患>退院後「1カ月以内」受診→再入院リスク半減

5割は相当なリスクの低下ですね。

退院して1カ月後という比較的早い段階で、再度外来にかかって頂くことが、悪い経過に向かうことを事前に抑止するのでしょうか。

いずれにせよ、興味深い結果です。

他にも、「入院までの半年間に精神科を受診する機会の少ない患者は、退院後1カ月以内に精神科を受診しない傾向もみられた」とのこと。

ということは、

入院までの半年間に精神科を受診する機会の少ない患者

退院後1カ月以内に精神科を受診しない傾向

入院リスクが(退院後1カ月以内に受診する群と比べて)5割ほど高い

とも言えるでしょうか。

外来受診というと、一見入院と比べると大したことがないように感じる方もおられるかもしれませんが、そうではないということですよね。

日本では一部に入院信仰もありますが、大切なのは家で問題なく生活していけることです。

そう考えると、退院は「新たな始まり」でもあると言えましょう。

退院は治療の完結ではないので、そこを捉え間違えると、元の木阿弥という結果になりかねないことを、この知見は示唆していると思われます。

それに精神疾患ばかりではないと思いますが、入院して大丈夫でも、日常生活に戻ればまたストレスがあり、仕事や人間関係もあり、そこで問題なく生活できなければ、再度入院につながることは予測されます。

生活の場に帰ってやってみての、早い段階での問題修正の大切さを示唆しているのでしょうね。

 

緩和ケアでも早期受診が研究されている

健康な人の観点からすると、1カ月程度では大きな変わりはないと思うかもしれません。

しかし、精神疾患では上述のようにかなりの差が出たのですね。

先日述べたように、進行がんの緩和ケア受診も、3カ月受診が早いか遅いかで1年生存率も統計的には異なったという研究もあります。

診断時からの早期緩和ケア定期受診で1年生存率が向上する【遠隔相談で】

しかも上のリンクにある研究は、2回めからは電話相談です。

それでも変化が生じたというのですから、いかに医療者が与える予防的な助言や示唆が重要かということを指し示しているとも考えられます。

海外はいろいろなことを研究しますから、緩和ケアを行って入院を減らしたり、総出費の低減も認められた研究も存在します。

参考;早期緩和ケア外来が目指すもの 出費・費用の減少「トータルで安上がりに」

入院が減少するという研究はいくつも存在します。

入院後も、症状の緩和等により早期の退院が期待できるので、出費が減ることが指摘されています。

最近の研究でも、133118人の研究で、約36万円(1回の入院で。3237ドル。1ドル111円で計算)のコストの低減が得られたというものがありました。

問題が大きくなって結果的に心身の負担ばかりか経済的にも大きな負担がかかることがないように早期に受診し、ひとたび入院しても退院後は継続的な診療を受けるということが、精神疾患ばかりではなく、緩和ケアにおいても良いということは当てはまるようです。

 

まとめ

精神疾患(統合失調症や双極性障害)では退院後1カ月以内の受診が良いことが示唆されました。

退院はあくまで「始まり」

再入院しないためにも定期的な心身のメンテナンスは欠かせないということでしょう。

もちろん病院にかからなくて済むのに越したことはありませんが、問題が大きくなる前にかかることが結果的には病院と関わる総日数や出費を減らせるかもしれません。

病院が嫌だと回避し続けることが、より病院を近づけてしまうかもしれないのです。

予防的な視点は重要ですし、受診には病院まで及び病院での所要時間がかかる等の外来受診の負担がありますから、それが遠隔診療(オンライン診療)の規制緩和等でより低減できると良いですね。

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。

ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

ぜひチャンネル登録・ブックマークよろしくお願い申し上げます。

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

 

 

Pocket