がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず早期受診できます。遠隔診療(オンライン診療)で全国対応可能。診療所は東京文京区所在(椿山荘の近く)ですが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

がんと精神・心理

がん治療に関しては免疫治療も含めて薬物優先主義はなぜ? 

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説するがん治療に関しては免疫治療も含めて薬物優先主義はなぜ?

健康な時はセルフマネジメント重視なのに

薬が好きではない、という方も少なくないですよね。

元気な時は、「薬に頼らず」とおっしゃっています。

一方で、治療する際は、当然薬物治療は大切です。

それはもちろん大切なのですが、病気になると今度は薬至上主義に180度変わってしまう方もいます。

免疫治療も含めて、とにかく何を入れるかを一生懸命考えられます。

それも大事です。

けれども、針が振り切れてしまって、どの薬剤を使うか「だけ」を考えてしまうのも不思議な話です。

当然、治療は薬だけではないのです。

 

話を聴いてもらう「だけ」を甘く見てはいけない

「早期緩和ケアって話を聴いてもらうだけじゃないですか?」

「そんなことが効果があるのですか?」

そう疑念を抱かれる方もいるかもしれません。

もっともな疑問だと思います。

ただそれは、治療が薬や手術だけと思いこんでしまっていることから起こります。

昨日紹介した論文でも、

【研究】COPDや間質性肺疾患でも生存延長 早期緩和ケア

COPDや間質性肺疾患へ延命効果を示したアプローチは薬中心ではありません

「情報、マネジメント方法、手持ちの道具の使い方、呼吸困難増悪時の方針の策定・同意」等だったのです。

これらは病気を知り、よく対処をし、適応する方法を習得することに他なりません。

身体の中に、何らかの物質を入れることだけが治療ではありません

そのようにうまく病気と付き合う支援を受けた群が、生存期間が有意に長かったことは特筆すべきです。

 

早期緩和ケアの要素で顕現した延命効果

早期緩和ケアの要素は、「ストレスのコーピングや、症状緩和、治療の意思決定、アドバンス・ケア・プランニング」とされています。

参考;衝撃 メタ解析 早期緩和ケアで全生存改善

見て頂ければわかりますように、病気に対しての薬剤が含まれているわけではありませんし、基本的には正しい情報、知識、セルフマネジメント法、前もって先のことを決めておくことなどがその中身です。

このような要素だけでも、生存期間が延長していることを重く受け止める必要があります

善悪ではありませんが、生きるか死ぬかの闘いの際に、人の視野は一点に注がれがちです。

病と闘うのは、薬や免疫治療等で身体に入れる物質だけではありません。

闘う相手を知り、マネジメントの方法を身につけ、心身の健康を保つことも重要な治療で、病気の経過を変える可能性もあるのです。

 

 

緩和ケアは末期になってからではありません。下の動画にあるように上手に勧めましょう。

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る