がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が提供。全国相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

専門分野・診療実績

早期緩和ケア大津秀一クリニックの診療科、診療内容、専門分野

 

◎ 何が得意なの? 第一の専門分野は?

 

がんの患者さんの症状緩和、特に医療用麻薬の使用・調節各種鎮痛薬の調整です。

がんの患者さんには様々な身体的・精神的な苦痛症状が生じます。

その対応策に精通しています。

また医療用麻薬は、一般には誤解されていることが多いですが、がんの患者さんの痛みを和らげるために非常に有用な薬剤です。

しかしその使い方に特徴がありますから、うまい使い方をしないと効果が得られずに、副作用ばかり出してしまう、ということがあります。

院長はがんの患者さんを中心に数千人に及ぶ、痛みの治療経験があり、薬の効果や副作用、その限界をよく知っています。

さらに、あらゆるがんの患者さんの診療経験がありますので、様々なご質問にお答えし、不安の対処を支援できると存じます。

ただ注意しなければならないのは、いかなる薬剤・手段を用いても、死期が迫った際の苦痛緩和は難しいものです。外来を中心リソースとする当院のみでの対応は難しく、当院は常に他の医療者と協働して緩和作業にあたることをお伝え申し上げる次第です。

 

他には

◎がん以外の病気の症状緩和一般

◎終末期医療・ケア

などが専門分野となります。

詳しくはメニューの「早期緩和ケア」の項目一般をご覧になって頂ければ幸いです。

 

 

【診療実績】

直近5年(大学病院にて)

新規入院患者緩和診療数1574名。外来患者緩和診療数705名。

なお大学病院の8年間で緩和ケア担当となった患者さんの総数(入院及び外来)は2586名でした。専従医師は私1名で、勤務日は毎日回診し、全ての患者さんの緩和ケア診療計画を立案していました。ご理解頂ける方にはご理解頂ける診療経験数だと存じます(読売新聞の以前の調査でも屈指の有名病院が存在する中を都内5位の診療数でした)。

これまでに診療した終末期の患者さんは2000名以上。

医療用麻薬を用いて症状緩和したケースも2000例以上。

一般病院、大学病院、在宅療養支援診療所(在宅及びホームへの往診)、ホスピスで常勤勤務歴があり、多様な診療形態における緩和ケア経験があります。

 

 

 

Pocket
LINEで送る