がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療(オンライン診療)にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケアは末期以外でも受けられる

一般に、治療ができない=緩和ケア、という使われ方を長くされてきました。

BSC(ベストサポーティブケア)、つまり支持的な治療を継続する、という本来はより適切な言葉があるのですが、今も「治療が難しい」と伝えられなくてはいけないところに、「緩和ケアに切り替えましょう」とか「緩和ケアに専念しましょう」と伝えられるケースがあり、それが社会に広まって、終末期=緩和というイメージの形成に関与してしまっているところがあります。

実際に、「まだ終末期ではないので緩和ケアを受けたくない」と、本来苦痛が和らげられるべき方が、誤解によってそうならなかった……というケースはしばしばあります。

 

できることがない=緩和ケア、という誤解もあります。

諦めの医療と勘違いされていることもあります。

しかし、緩和ケアはその方のQOL(生活の質)を保持する、という点においては、非常に諦めが悪く「できること」を探す医療です。

ただその「できること」が、命を一分一秒でも長くする、ということや、病気を治す、ということではなくて、「苦痛が少なく」「良い時間を過ごすこと」に関しては「やれること」を追求し、諦めない、ということです。

とにかく終末期=緩和ケアではありませんので、その点はぜひ知っておいて頂ければありがたいです。

 

 

Pocket