がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療(オンライン診療)にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

当院のめざすもの 皆さまとともに

早期緩和ケア大津秀一クリニックの目指すもの 緩和ケア外来を早期から

緩和してもらえない”を撲滅する ―もう“早期からの緩和ケア”ができないとは言わせない―

遠隔診療を用いて、全国津々浦々まで緩和ケア専門医師の診察を

日本中どこでも、あなたと大切な方のお手元に緩和ケアを 

 

 

現在は、病院でも各専門家が関わって、一人の患者さんやご家族を支えることが当たり前になっています。

栄養のことは栄養のチームに、飲み込み(嚥下)のことは嚥下チームに、痛みや苦しみのことは緩和ケアチームに―。

 

この背景として、人を対象とする医学の深まりによって、一人の医師だけで患者さんの様々な問題を支えるよりも、むしろ多様な専門家をまとめ統合するところが主治医の重要な役割になって来たという医療現場の変革があります。

一人の医師ではなく、多様な専門家がチームを組んで、様々な問題解決にあたります。

今やこのようなチーム医療が当たり前であり、そしてまた、それが患者さんやご家族にとってよりメリットがあるのです。

 

在宅診療や外来診療においても、様々な専門家が、その特性を活かして一人を支える、ということが普通になって来ています。

不足している緩和ケアの専門家・専門医として、全国どこにお住まいでも、緩和ケア医が皆様を診療している医療チームに加わり、緩和ケアを提供することを、このクリニックは使命としております。

また緩和ケア診療経験豊富な(一般病院、大学病院、在宅医、高齢者療養施設訪問診療、ホスピスいずれも常勤従事歴あり)院長がすべての事例で対応することをお約束いたします。

 

苦しさに悩まれている方たちが、早い段階からそれが和らげられること

いつでも緩和、どこでも緩和

それを皆さまと一緒にめざしていきたいと考えております

何卒よろしくお願い申し上げます

 

 

Pocket