がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。スマートフォン等を用いたビデオ通話で相談することもできます。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

最新の緩和ケア

★新しい緩和ケアの考え方

 

最近の緩和ケアの考え方は、緩和ケア=終末期、というものではなく、病気に対する治療と並行して行っていくこととされています。

考えてみれば当たり前のことですが、苦痛や不安にさいなまれていると、本来の生きる力に影響を与えてしまうこともあり得るかもしれません。

そこで、緩和ケアを病気に対する治療と並行して行うことが重要となります。

ただ専門家が非常に少ないですから、実際に並行して行ってゆくことは容易ではありません

そこで、当クリニックを活用して頂ければと考えます。

主担当の医師は変わらずに、あくまで症状緩和という側面で院長が関わります。

この「並行」というのが重要ですから、片方に絞ろうということはやめて頂いたほうが良いと存じます。

実際に、緊急時の対応で頼りになるのはかかりつけの病院や、訪問診療で来てくれている医師です。したがって、その関係は引き続き大切にしてほしく存じます。

 

 

Pocket
LINEで送る