がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケアでよく使われるお薬3 鎮痛補助薬

元々は痛み止めではない用途で使用されている薬剤で、実は痛みにも効く薬があります。

それらを鎮痛補助薬と呼びます。

どうしてこのような薬が必要になるかと言うと、例えば神経障害性疼痛(神経の痛み)などにはしばしばモルヒネ等の医療用麻薬が力不足な場合もあるからです。

そのような場合に、医療用麻薬等と協働して効果を発揮して痛みを緩和する薬剤が、鎮痛補助薬です。

例えばけいれんを抑える薬剤や、うつの薬等が、痛みを和らげるメカニズムを有しており、必要に応じて併用することが良いです。

これらの薬剤も、眠気を出したりなど、様々な副作用を来すことがありますから、使用法には知識と経験が重要になります。

 

 

Pocket
LINEで送る