がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

日本初 早期緩和ケア外来専業クリニック 院長挨拶

早期緩和ケア大津秀一クリニック院長の緩和医療専門医・大津秀一の写真

皆さま、はじめまして。

緩和ケア医の大津秀一と申します。

私の専門分野は主としてがんの患者さんの苦痛を和らげる緩和医療です。

またがん以外の病気の緩和ケア・緩和医療や終末期のケア・医療に関しても数々の経験があります。

 

緩和ケア・緩和医療というと、皆さんは「末期」というイメージがあるかもしれません。

しかし最近の考え方では、がん治療(抗がん剤など)をするしないにかかわらず、診断された時から緩和ケアを並行して受けるのが良いということがわかって来ました。

2010年にアメリカで出版された、肺がんの患者さんに、抗がん剤治療を受けた群と、抗がん剤治療だけではなく緩和ケアを定期的に並行して受けた群で、後者がより長生きをしたという論文は世界的に非常に注目されました。

日本でも、がん対策基本法のもとに施行されているがん対策推進基本計画(現在第三期)にも、「診断された時からの」緩和ケアが謳われています。

 

一方で、早期から緩和ケアを受けたいと言っても、なかなかそれが難しい現状もあることは事実です。緩和医療の専門医資格を持つ医師も全国で208名(2018年5月現在。日本緩和医療学会認定)→244名(2019年4月)です

私は大学病院にて治るがんの患者さんや早期がんの患者さんにも必要や希望に応じて緩和ケアを行って参りましたが、かかっている病院やお住まいの地域によってはそれが難しい、なかなか受診できないという声は多く伺っています。

 

そこでこのたび、日本中どこにいても早期から緩和ケアを受けられる環境を作りたいと願い、当クリニックを設立いたしました。

もちろん通常の受診も可能ですし、遠隔診療のシステムを用いて、初回は受診が必要ですが、条件が許せば、以後はお住まいの場所でも緩和ケアを受けることが可能です。

 

ただ症状緩和に特化したクリニックということもあり、通常のクリニックとは異なる部分も多々あり、皆さまの御高配を賜わらねばならないところもあると存じます。

ぜひとも緩和ケアの専門家に気兼ねなくかかれる、という特徴を皆さまに活用して頂ければ幸いです。

なお2018年8月開院の当院は日本で初の特色をいくつも有しております。

①日本初の、早期からの(診断された時からの)緩和ケアの外来を専業で行うクリニックであること

②日本初の、がんに限定しない緩和ケア専業のクリニックであること

③日本初の、完全独立型である緩和ケア専業外来クリニックであること

④日本初の、遠隔診療(オンライン診療)システム搭載である緩和ケア専業の外来を持つこと

⑤【提携のグレースホームケアクリニックで実践】日本初の、在宅末期心不全緩和ケアを医師のチームで実践するクリニックに協力すること

などがそれに当たります。

また、本来の「早期からの緩和ケア」はがん等の治療と並行した緩和ケアを意味します。

それなので、早期からの緩和ケアは「がん治療全般に詳しいこと」が必要です。

私は大学病院でがんの最新治療に接する立場にありましたし、一般病院勤務時には主治医として抗がん剤治療も行っておりましたので、それらの経験と理解を有しています。

さらに、最近は緩和ケアの専門家の養成プログラムでは内科の経験をへて、緩和ケア医になるようになっています。

つまり、内科の力量が緩和ケアに必要と考えられているのです。そして治療中には全身状態への理解も必要ですから、なおさら内科の知識や経験が重要となります。

そして、がん等の慢性病も、基本は加齢とともに頻度が増える病気群であり、高齢の方の医療への理解が不可欠です。

私はそれらの必要性に早くから気が付き、緩和ケアの専門医だけではなく、内科医として修練を積み、内科専門医・老年病専門医・がん治療認定医・消化器病専門医を併せ持つ数少ない緩和医療専門医です。ここは当院の一つの特徴で、早期からの緩和ケア外来選びにあたってご参考になるポイントではないかと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

Pocket
LINEで送る