がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。スマートフォン等を用いたビデオ通話で相談することもできます。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケアでよく使われるお薬2 ステロイド

ステロイドも様々な誤解のある薬剤です。

しかしある程度以上進行したがんの患者さんの症状緩和において非常に重要な薬剤となります。

基本的には、痛みと呼吸困難と咳に対してしか効かない医療用麻薬に対して、ステロイドが効く症状の範囲は広いです。

がんが非常に進行しての身体のだるさや食欲不振、吐き気など、多様な症状に対して効きます。

一方で、むやみに高用量・長期間で使用すると、副作用を出しやすくなります。

必要な時期に、必要な量に限って使用することで、薬の利益を最大限化し、一方で副作用をできるだけ抑えることが可能です。

がん領域の、特に高度進行がんの症状緩和に対してのステロイド使用の経験は非常に多くあり、上記の諸配慮のもとに加療を行っております。

 

 

Pocket
LINEで送る