がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療(オンライン診療)にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

よくあるご質問

 

下記によくあるご質問を集めました。

 

なお、講演・取材・執筆などのご依頼は下記からとなります。

お急ぎの場合もまずはフォームからでお願い申し上げます。

講演・取材・執筆はこちらから

 

 

Q 抗がん剤治療中ですが、受診できますか?

もちろんです。

治療中は最も、並行しての受診が向いているケースです。

 

Q がんは治ったのですが、再発が心配です。治らないがんの人しかかかれませんか?

がんが手術等で取り切って経過観察の方も適応となります。

 

Q がんが末期ですが、かかれますか?

かかれます。ただ様々な諸配慮が必要となる状況ではありますので、関係各所と力を合わせて対応することが特に必要となります。当院だけですべてを対処することは困難ですので、かかりつけの医師にはかかりながら、当院も利用するようにお願いいたします。

 

Q 家族だけの受診で本人への処方をもらえますか?

それは難しいです。すみませんが一度受診をお願いいたします。

 

Q 病気はがんではないのですが、かかれますか?

はい。ただ他の機関を受診したほうが良いケースもありますから、事前にご病気をお伝えください

 

Q 最初から遠隔診療はできますか?

対面診療を先行して行うことが必要です。まずは一度お越し賜わりたく存じます。

 

Q 本人よりも家族である私がつらいので、かかれますか?

もちろんです。

患者さんを支えるご家族の心身も非常に負担がかかるものです。

また患者さんの病気が何かによっても、ご家族が心がけることは様々に変わります。

例えばがんの患者さんの終末期は比較的早く、認知症や老衰の終末期などは一般に長い、など。

ご家族のお悩みを伺い、何か良い助言がある場合はそれを提供したいと思います。

またご家族の方の不調に応じて、投薬加療をすることも可能です。

 

Q 患者はもう亡くなっているのですが、つらさが取れません。かかれますか?

はい、受診できます。

ご遺族の方々にも様々な心身の負担がかかるものです。

遺族ケアも緩和ケアの中に含まれます。

まずはお話をうかがうことで対処いたします。

ただ長年、それなり以上の気持ちのつらさが続いている場合は、特別な対処を行ったほうが良い可能性があります。

その場合は、適宜御助言を行い、専門的な医師・機関におつなぎすることも考えます。

 

Q 院長以外の診療はありますか?

当院は緩和治療経験豊富な院長が、すべての例において、緩和医療・緩和ケアを実施します。ご安心ください。

 

Q 受診時に毎回予約料がかかりますか?

月1回は予約料を頂戴しております。

それ以上の、必要性に迫られての受診(例えば、痛みがまだ取れない等)に関しては、予約料を頂戴しておりません(同月の場合)。

ただし、患者さんやご家族の御希望での月1回を超える受診に関しては、予約料を頂戴申し上げます。また40分をフルに使って、質問したい、話を聴いてもらいたい、などの場合も予約料での受診をお勧めいたします(予約料外での受診だと、診療時間は一般に予約料を頂戴するケースよりも短くなります)。

 

Q 予約の方法はどうでしょうか?

原則的にオンライン予約システムでの予約をお願いしております。

まずはホームページメニューの予約ボタンをクリックしてください。

 

 

上記のQ&Aに掲載されていること以外でご不明な点は下記の質問フォームからお尋ねください。ただし内容によってはお答えしかねることもあります。ご容赦ください。

ご質問はこちらから

 

 

Pocket