がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。スマートフォン等を用いたビデオ通話で相談することもできます。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

早期からの緩和ケア外来

早期からの緩和ケア外来のメリットはこんなにある

緩和ケアちゃんねるYouTubeの動画紹介です

ここをご覧の皆さんには釈迦に説法、一般には知名度nearlyゼロの早期からの緩和ケア

ここをよくご覧の皆さんには釈迦に説法かもしれませんが、今回はじめてここをご覧になってくださった皆さんは、早期からの緩和ケアって何か? どんな良いことがあるのか? まだわからないかもしれません。

2019年現在日本における早期緩和ケアとは、一般には転移があるがんの患者さんが、診断されたらすぐに、必要性を感じているいないにかかわらず(かかりたくなくても)、定期的に緩和ケア外来等を受診することです(※なおがん以外の患者さんも対象になります)。

他にも、進行がんと診断されたときから、上記と同様に、定期的にかかりたくなくても)緩和ケア外来にかかるという範囲まで含まれる研究もあります。

 

ではかかりたくなくても緩和ケアに早期からかかってどんな良いことがあるの?

メリットは、下記のように様々な研究で明らかになっています。

早期からの緩和ケア外来が目指すもの 余命の延長・予後の改善

と示され、

診断時からの早期緩和ケア定期受診で1年生存率が向上する【遠隔相談で】

月1回早期緩和ケア外来定期受診 患者の生活の質と満足向上

他にも

早期からの緩和ケア定期受診研究1 家族の満足度がupする

早期からの緩和ケア定期受診研究2 家族の精神的苦痛が減りうつも改善

などがあります。

私だけが言っているならば怪しいですが、このように世界的な比較研究で効果が指し示されているのです。

 

今回動画でも解説しました

いやいや、上の記事をそんなにたくさん読むのはしんどいよ、という方もいらっしゃるでしょう。

ご安心ください。

今回私の『緩和ケアちゃんねる』(YouTube)動画でも解説しました。

 

情報をお金で買うということ

「受診はお金がかかるけれども、情報がお金で買えるというのはメリットだよね」

そのようなご意見もありますね。

そう、本当にその通りだと思います。

実際、貴重な情報は様々な理由からオープンにされていないことも多いですね。

回り道することによって余計にお金がかかったり、時間がかかって体を酷使してしまうこともあるでしょう。

実際、海外では総出費の減少まで研究されています。

早期緩和ケア外来が目指すもの 出費・費用の減少「トータルで安上がりに」

結論として、早期緩和ケア外来はメリットが多いと考えます。

またもちろん痛み止め等の症状緩和薬の使い方にも水準差がありますから、鎮痛療法・症状緩和治療に手慣れた医師にかかりたいものですね。

 

がんになっても、なっていなくても1分でも長生きする方法を本にしました。

↓↓↓↓↓↓↓

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

Pocket
LINEで送る