がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。スマートフォン等を用いたビデオ通話で相談することもできます。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

経歴

日本初の早期緩和ケア外来専業クリニックの院長大津秀一の写真です

 

大津秀一(おおつ しゅういち)

茨城県出身。

岐阜大学医学部卒業。

緩和医療医。

日本緩和医療学会 緩和医療専門医

総合内科専門医

がん治療認定医

日本老年医学会専門医

日本消化器病学会専門医

 

2006 年度笹川医学医療研究財団ホスピス緩和ケアドクター養成コース修了。内科専門研修後、平成17年より3年間京都市左京区の日本バプテスト病院ホスピスに勤務したのち、平成20 年より東京都世田谷区の入院設備のある往診クリニック(在宅療養支援診療所)に勤務し、入院・在宅(往診)双方でがん患者・非がん患者を問わない緩和医療、終末期医療を実践、2010 6月から東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンターに所属し、緩和ケアセンター長を務める。2018年8月、当院開設。

 

著書に『間違いだらけの緩和薬選び』(中外医学社)、『世界イチ簡単な緩和医療の本』(総合医学社)、『誰でもわかる医療用麻薬』(医学書院)、25万部ベストセラー『死ぬときに後悔すること25』(新潮社)、5万部ベストセラー『死ぬときに人はどうなる10の質問』(光文社文庫)、『大切な人を看取る作法』(大和書房)などがある。

Pocket
LINEで送る