がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療(オンライン診療)にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

県別緩和ケア情報

京都府の緩和ケア(緩和ケア病棟・ホスピス、緩和ケア外来、クリニック)

京都府の緩和ケア・ホスピス 早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一解説

京都府は医師数はとても多く人口はやや上位

京都府は人口あたりの医師数は全国でも屈指の多さです。

京都府より以東の滋賀県や岐阜県が全国平均よりも少なく、以西の県は軒並み平均をクリアしていることから、京都が境目になります。

都道府県別人口10万対医師数

都道府県別人口10万対医師数/平成28年(2016年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況(厚生労働省)

出典(引用)はこちら

ご覧いただけるとわかりますが、医師数ははっきりと西高東低です。

京都府は約260万人全国では13位の人口を擁しています

 

人口あたりのホスピス・緩和ケア病棟数は今は多い

日本ホスピス緩和ケア協会の最新統計によると、

緩和ケア病棟入院料を取っている緩和ケア病棟・ホスピスは、全国に403施設、8197床あります(平成30年6月)。

緩和ケア病棟入院料の届出受理施設数・病床数(都道府県別)

現在人口は1億2649万人います。

1床がカバーしている人口は1億2649万÷8197で、15431人となります。

全国平均では、ホスピス・緩和ケア病棟がカバーする人口は1床で15431人となるのです。

京都で計算してみましょう。

京都の人口260万人を、京都府の緩和ケア病床数の240で割ってみます。

結果は、1床で10833人。

数は多いと言えそうです。

なお、私が京都の日本バプテスト病院に在籍した2005年から2007年度は、同病院と薬師山病院の2病院しかホスピス・緩和ケア病棟がなく、京都府全体で40床程度(それだと1床65000人)でしたから、隔世の感があります。

京都府で緩和ケア病棟に行きたい方には2つの選択肢しかなかったので、多くの患者さんが来られ、非常にたくさんの経験を積ませて頂きました。

近畿の人口が多い三県で比較すると、ホスピス先進県の大阪が1床13651人とベッド数が多く、兵庫も1床12148人とベッドが多いですが、現在は京都はそれを上回る人口あたりベッド数があります。

いずれにせよ、緩和ケア病棟やホスピスが多めの地域です。

 

緩和ケア病棟で亡くなる人の割合はやや低い

「データでみるわが国の緩和ケアの現状」の2014年版がオンラインでも閲覧できます。

データでみるわが国の緩和ケアの現状

それによると、京都府は、緩和ケア病棟で死亡したがんの患者さんの割合が6.9%と全国平均9.4%より少ないです。大阪は5.5%とより少なく、兵庫は12.2%と対照的に多く、三県それぞれに特徴があります

同統計で、がんの場合の自宅死亡割合(10.1%。全国は8.9%)は全国平均より高く、人口10万人対の在宅療養支援診療所も11.9(全国では10.1)とこれも全国平均より多いです。

なお、緩和ケア病棟やホスピスは、京都市以南に集中し、京都市より北には1つもありません。

がん情報サービス/緩和ケア病棟/京都府

 

緩和ケア外来はどうか?

「緩和ケア外来 京都」で検索すると、いくつかヒットします。

症状緩和目的の外来を併設していると読み取れる医療機関は、下記になります。

緩和ケア外来 | 京都市立病院

緩和ケア科|国立病院機構京都医療センター

三菱京都病院:緩和ケア内科

疼痛・緩和ケア科外来:京都府立医科大学附属病院看護部

緩和ケア外来 | 京都鞍馬口医療センター | 地域医療機能推進機構

ホスピス科 | 日本バプテスト病院

渡辺緩和ケア・在宅クリニック

緩和ケア(がん相談含む) | 京都九条病院 – 医療法人同仁会(社団)

緩和ケア外来 – 済生会京都府病院 – 社会福祉法人 恩賜財団 済生会

緩和ケア内科|診療科・部門のご案内|洛和会音羽病院

緩和ケア外来|医仁会 武田総合病院|武田病院グループ

あそかビハーラ病院|京都府南部の緩和ケア施設(ビハーラ病棟)

緩和ケア外来|綾部市立病院

Googleで3ページ目まで検索。入院予約外来のみの緩和ケア外来、訪問診療のみのクリニックは除く)

京都は緩和ケア外来が多いですね。

2005~2007年頃に日本バプテスト病院で緩和ケア外来を行っていた頃は、他の病院に設置があまりなく、やはりこの10年ほどで大きく整備されたことがわかります。

当時は、上記の今では緩和ケア外来を擁する大学病院(京大病院、京都府立医科大学病院)、拠点病院からも、緩和ケア外来で患者さんを受けていました。

なお京都府はレポートも作成しており、緩和ケアの実態調査を行って公表しています。

京都府緩和ケア実態調査 結果

これによると、平成27年の段階で、緩和ケア外来を設置しているのは28病院だったようです。

また、京都府のがん診療連携拠点病院等の一覧は下記になります。

京都府のがん診療連携拠点病院等

調べると、緩和ケア外来はほぼ全病院で存在を確認できました。

なお、緩和ケア外来がかかりつけ病院等にあるかどうかは、インターネットで「(病院名) 緩和ケア外来」と検索することで調べることができるでしょう。

また病院のホームページで、(多くの場合)診療科→緩和ケア、と読み進めることで見つけることができます。一覧にない場合は、先述したように「(病院名) 緩和ケア外来」で検索してみてください。

病院によっては診療サポート部門に位置づけられていることもありますので、くまなく見る必要があります。

 

まとめ

京都府は人口あたりの医師数は屈指の多さを誇っています。

国公立の大学病院も2つあり、赤十字病院も2つ、他にも有名病院が数多くあり、医師が集まりやすい環境です。

緩和ケア病棟やホスピスは(人口あたりでは)現在は多くなっており、人口あたりの数は大阪や兵庫よりも上回ります。

一方で、同病棟で最後の時間を過ごされる方は全国平均よりやや少ないです。

大病院も多く緩和ケアチームがあるので、一般病院で最期を迎えられる方も多いのでしょう。

がんの患者さんは在宅療養で最後まで生活される方は全国平均より多いです。在宅支援診療所もやや多いです。

病院に関しては、緩和ケア外来の整備は拠点病院などで進んでいます。

がんで病気が高度に進行した際は、在宅医のサポートを付けて、緩和ケア病棟に入院予約をするのがベスト(個人的意見)ですが、居住地によって、誰にどのように頼むかによって、様々なことが変化します。

当所でも療養場所の相談を受け付けています。

 

京都府では3年間緩和ケア医として過ごしましたので、地理的な状況はよく知っています。

当時は2箇所しかホスピス・緩和ケア病棟がありませんでしたが、現在は実に11施設まで増えています。

その頃は、京大病院にも緩和ケア外来がなく、京大通院中の患者さんも勤務病院の緩和ケア外来で並行して診療していました。

京大病院の腫瘍担当医+日本バプテスト病院の緩和ケア医という形式で患者さんを診療していたのです。

ホスピスもいつも満員でした。

「自県では緩和ケアがまだおぼつかない(※当時)ので、京都で人生の終わりを過ごしたい」と福井から奥様と市内に転居されてホスピスで最期を迎えられた方もいたことには驚きました。

京都にいた最終年(2007年度)の国立京都国際会館でのシンポジウムで、丹後地域では医師が少ない分、看護師が縦横無尽に動いての在宅看取り支援を行っていることを聞いて、非常に印象に残ったことを覚えています。

またその頃から、緩和ケアを行う在宅医が相次いで京都で開業し始めたこともあり、緩和ケア病棟からも何人も在宅移行をお願いし、穏やかな時間を過ごせたと好評で、それが私が次に在宅緩和ケアをするきっかけともなりました。

ホスピスで得たものも多く、それが全てではありませんが、やはり短期研修ではなく、あるいは緩和ケアチームだけ勤務しての専門家ではなく、ホスピス・緩和ケア病棟で複数年以上勤務した専門家には、独特の味があると思います。

いずれにせよ緩和ケアに関しては比較的恵まれている地域ではあると総じて言えるでしょう。

※追伸;京都府の医療従事者の方で、情報の追加や修正がある場合はぜひお声をお寄せください。

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。

メルマガに登録する

ご登録をお待ちしております。

 

 

 

Pocket