がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。スマートフォン等を用いたビデオ通話で相談することもできます。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

新情報

アナモレリン(エドルミズ)がん悪液質と食欲不振・体重減少の対策薬【2019年最新版。専門医解説】

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説する悪液質治療薬アナモレリンはがん悪液質の患者の救世主となるか

アナモレリン(エドルミズ)最新情報(2019年9月追記)

2019年8月の厚生労働省の会議では、アナモレリン(商品名エドルミズ)は継続審議となり、まだ未承認の状態です。

アナモレリンはこれまで類例がなかった悪液質の治療薬で期待されています。

がんの患者さんが非常に痩せることは皆さんもご存じだと思います。

そしてがんで亡くなるのは、まさに衰弱から来るのですが、それをもたらしているものがこの悪液質なのです。

がんの死因となっている、とも考えられます。

そのため悪液質の治療については注目されているのです。

 

悪液質をご存知ですか?

皆さんは悪液質をご存知ですか?

あくえきしつ、と呼びます。

がんは悪液質を起こします。

がんの末期の方が痩せるのも、悪液質からです。

悪液質は複雑なメカニズムで起こり、ここを1つブロックすれば改善するというものではありません。

また、悪液質を起こすのも、進行したがんです。

したがって、がんが高度に進行すると、がん自体が悪液質のメカニズムを生み出すため、コントロール不能となってしまうのです。

悪液質は、単なる食事摂取不良ではなく、平たく言えば「栄養を利用できなくなってしまう病態」です。

しかも筋肉のもとである蛋白を分解したりする物質まで、体内で生成されているとも指摘されています。

それなので、食べても食べても、太い血管から高濃度の栄養液(高カロリー輸液)を行っても、患者さんは痩せてしまいます。

なお、この悪液質の病態は、飢餓とは異なっているため、がん患者の末期は「餓死」という表現は間違っています

餓死のようなエネルギー不足ではなく、栄養の代謝障害(利用障害等)が本質であり、実際に飢餓の場合は筋肉量が比較的保たれるにもかかわらず、先述したように悪液質は筋肉が分解されるため筋肉量の低下が著しいなど、病態や表現型が異なります。

悪液質により消耗し、感染などにも脆弱化し、全般的な衰弱も進行します。

がん患者の最期は悪液質によってもたらされる、等とも表現されるゆえんです。

逆に言えば、この悪液質を防ぐことができれば、患者さんはより長期に生存できるという可能性があるのです。

 

初の悪液質治療薬

2018年11月27日、グレリン様作用薬のアナモレリンが「がん悪液質における体重減少及び食欲不振の改善」の効能・効果で国内製造販売承認申請が行われました。

初の悪液質治療薬になります。経口薬で100mgを1日1回空腹時に内服します。

発売されたらバカ売れしそうですね。

では実力はどの程度なのでしょうか?

非小細胞肺がんの悪液質の患者の治療のためのアナモレリン(ONO-7643):日本人患者の無作為化二重盲検プラセボ対照多施設試験の結果

によると、12週間でのベースラインからのLBM(除脂肪体重)の変化は、アナモレリン群とプラセボ群でそれぞれ1.38±0.18および-0.17±0.17 kgでした(P <.0001)。

がん悪液質の進行消化器がん患者を対象としたアナモレリン(ONO-7643)の多施設非盲検シングルアーム試験

によると大腸がん、胃がんおよび膵臓がんの患者さんでは、治療に反応した患者の割合は63.3%(95%CI、48.3%-76.6%)で、ベースラインから12週目までのLBMの変化は、ベースラインから1.89±0.36 kgでした。

副作用は患者さんの42.9%で認められ、10.2%は治療中止に至りました。内容はγ-GTPの増加(8.2%)、糖尿病(6.1%)、高血糖(6.1%)などでした。

効き方ですが、アナモレリンはグレリン様作用薬です。

グレリンは消化管から分泌される食欲促進ホルモンで、脳の下垂体で成長ホルモンの分泌を促し、また視床下部に働いて食欲を増進させます。

それらを通して筋肉量や体重を増加させ、悪液質を改善するというのがそのメカニズムです。

悪液質のメカニズムは、グレリンだけを介しているわけではないので、時計の針を反転させるほどの効果はないかもしれませんが、これまで有効かつ長期に作用する薬剤がとにかく少ない病態だったので、どれだけ臨床的な効果を顕現するのか、使用が俟たれます。

「どのがん種まで適応になるのか」という議論もあるようであり、患者さんの視点では全腫瘍に適応されると良いでしょうね。あと薬価がどうなるかです。

悪液質は臨床家にとっても頭が痛い問題で、名前はあまり知られていませんが多くの進行がんの患者さんにも実は切実な問題です。

期待される薬効を示してくれることを願いたいですね。

2019年8月の厚生労働省の会議では、アナモレリン(商品名エドルミズ)は継続審議となってしまいました。まだ使用できるようになるまでに時間がかかりそうです。

また、がんの食欲不振や体重減少に関しては、まっとうな食事療法が必要です。

その内容については下の本で書いています。

がんになっても、なっていなくても1分でも長生きする方法を記した本です。

↓↓↓↓↓↓↓

薬だけではなくて、総合的なアプローチが重要になります。

最近は病院の緩和ケアチームに栄養士が配属されていることも増えたたため、緩和ケアチームを通して助言を求めるのも良いでしょう。

また抗がん剤などのがん治療に関連する食欲不振や体重減少もあるため、治療の副作用対策と食事療法に熟達している緩和ケア医に早くから相談することも勧められるでしょう。

がん治療病院の緩和ケア医は、施設ごとの差異が大きいですが、がん治療の副作用や諸症状に関しても対応してくれることがあり、緩和ケアチームや緩和ケア外来を利用すると良いでしょう。

悪液質は現状は特効薬がなく、また複合的なメカニズムで起こっているので、何か1つだけで改善するものではなく、打てる手を複数行ってゆくことが大切ですね。

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

つらさから解放され、病気に負けずにうまく付き合うための情報はこちらで入手できます

真剣に長生きするつもりならば最初に読んでください。後から読むと効果が薄いです(この本も早期からがベストです)。

↓↓↓↓↓↓↓



 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「早期緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

早期からの緩和ケア医ツイッターです。

フォローお願い申し上げます。

大津秀一ツイッターの画像です

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

 

 

非オープン情報含む無料メルマガ登録はこちら