がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

医療用麻薬

医療用麻薬やモルヒネを痛い時だけ頓服で使うのは正しい? 

医療用麻薬のレスキューについて解説

痛いときだけ使うのはダメ?

正直な話、がんの痛みの患者さんに医療用麻薬を使うのは、安全性も高く、何ら怖くありません。

中毒やくせにもなりません。

意識が変容したり、性格が変わったりもありませんし、眠りこけることもありません。

イメージと裏腹に、有益でリスクの低い治療なのです。

けれども、まだまだ一般には、モルヒネなどの医療用麻薬を怖がる風潮があります。

しばしばテレビ等のメディアで、モルヒネなどの麻薬の乱用によって大変な状況になっている諸外国の状況が報じられたりすると、余計に恐れが生じることもあるでしょう。

ただ、諸外国と日本はかなり状況が違います。

・ アメリカ等のように痛み止めとしてがん以外の痛み止めに使うことはまだまだ躊躇があります(★これは、それでOKです)

・ 医療用麻薬ではない違法薬物としてのモルヒネ等のオピオイド(麻薬)が非常に蔓延しているというほどではない

そのような状況があります。

医療用麻薬を、がんではない痛みにみだりに使ったり、何でもかんでも症状に使用したりすれば、弊害が大きくなる可能性があります。

依存などに進展することもないとは言えません。

また違法薬物としての使用は論外です。

このようなやり方ならば、当然健康に大きな問題を発生させ、生活や社会に負の影響を与えます。

ただしこれは「日本の患者さんががんの痛みで医療用麻薬治療を受ける場合には、ほとんど関係ない話」なので注意が必要です。

ただそのような話を聞いていれば、躊躇が生まれるのも当然でしょう。医療用麻薬をできれば使いたくないという患者さんから時々出て来る希望が「頓服ではダメですか?」というものです。

 

頓服にもメリットがあります

頓服で使うメリットが存在する場合もあります。

内臓痛などの場合は、少量でも医療用麻薬使用による緩和効果を如実に感じられることも多いです。

そのため、何度か使っていただいて、医療用麻薬が怖くなく、よく効くものだということを実感してもらうと、本格的な開始をするに当たって安心して臨めるということが挙げられるでしょう。

患者さんによっては、そのような方法が向いている場合もあります。

しかし、頓服が向かない場合もあるのです。

 

頓服方式で良くないこと

がんの痛みではない場合は、そもそも頓服方式があまりふさわしくないと言われています。

がんの痛みの場合も、定時での使用は基本です。

痛みを頻繁に感じていると、より感じやすくなるケースもあるため、痛みはできるだけ抑えたほうが良いというような説明が為されることもあります。

ただ、定時方式の投与が向いているのは、それだけの理由ではありません。

それは下図を見て頂ければわかります。

なお痛い時に頓服で追加で飲む医療用麻薬を「レスキュー」と呼びます。

オピオイドの濃度と痛みの緩和ケアについての解説です

内臓痛などの場合は、オピオイドがそれほど多い量でなくても、よく効く場合もあるので、当てはまらないケースもありますが、上図のように頓服だけだと基本的な量が不足しており、そもそも効きが良くない、ということがあるのです。

そのため、例えば上図のaやbのような痛みに、

「良く効きますから、頓服ででも使ってみてください」

と勧めて、「そんなに先生が言うならば、よく効くかな」と思い切ってチャレンジしても、たいして効果が得られない場合があるのです。

すると、「医療用麻薬は効かない」という体感やイメージが形成されてしまいます。

実際は、上図の青線まで定時薬で濃度を上げれば、効くかもしれないのにです。

頓服だけだとこのようにそもそも量が不足しているケースもあり、骨転移痛や神経の痛み(神経障害性疼痛)などの場合はしばしばそのようなことがあります。

がんの痛みの場合は、基本的には定時薬を使って、その上で頓服薬(レスキュー)を適宜痛い時に追加で服用するというのが最適であることは知っておかれても良いでしょう。

 

医療用麻薬やモルヒネを痛い時だけ頓服で使うのは正しいかについてのまとめ

がんの痛みの場合は、モルヒネ等の医療用麻薬を痛い時に追加して服用するのは標準的なやり方です。

痛い時に追加する薬剤は速効性がないといけないので、オキシコドン(オキシコンチン)やMSコンチン、フェントステープなどのゆっくりと効く薬剤は選択肢になりません。

オプソ(モルヒネの速放製剤)やオキノーム(オキシコドンの速放製剤)などが使われます。

ただ、それ「だけ」だと基本的な薬物濃度が不足して、効果が今ひとつと感じるかもしれません。

また定時薬を始めたとしても、最初は濃度が足りずに、期待したほどの効果を得られないこともあります。

モルヒネなどの医療用麻薬は「基本増やして適量を見つける薬剤」です。これは忘れてはならないところです。

頓服だけだと効果がいまいちでも、定時薬を設定して増やせばそうでもないこともありますので、まずは適量への増量や調整が肝要です。

がんの痛みの専門家は緩和ケア医です。

まずは担当医に痛みの緩和を相談し、それでも症状の改善が今一つの場合は、一度緩和ケア医に相談してみるのが良いと考えます。

 

 

Pocket
LINEで送る

つらさから解放され、病気に負けずにうまく付き合うための情報はこちらで入手できます

真剣に長生きするつもりならば最初に読んでください。後から読むと効果が薄いです(この本も早期からがベストです)。

↓↓↓↓↓↓↓



 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「早期緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

早期からの緩和ケア医ツイッターです。

フォローお願い申し上げます。

大津秀一ツイッターの画像です

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

 

 

非オープン情報含む無料メルマガ登録はこちら