がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

医療用麻薬

モルヒネ・オキシコンチン・フェントス・ナルサスどれが良い?

モルヒネ・オキシコンチン・フェントス・ナルサスの使い分けの解説です

一般の方向けの記事です。

医療職の方は、私の出している易しい専門書をご覧頂くと良いと思います。

 

モルヒネ・オキシコンチン・フェントス・ナルサスどれが良い?

モルヒネ・オキシコンチン・フェントス・ナルサスどれが良いか?

これらの薬剤は医療用麻薬です。

がんの痛みなどに使用されます。

実は……どれでも良いです。

モルヒネに換算した量を揃えれば、基本的には効果が大きく異ならないということになっています。

効果の点では、本質的にこの薬剤がずばぬけて強い――ということはないので、まずはいずれかを開始して、適切な量まで増量する必要があります。

ではどう使い分けるのでしょうか?

 

副作用の観点等から使い分ける

他の薬剤と同じように、副作用等の観点を十分に考慮して使い分けます。

腎機能障害がある場合はモルヒネは避ける

腎機能障害がある際は、モルヒネの代謝産物が蓄積して副作用が出やすくなるので、モルヒネは避けます。オキシコドンやヒドロモルフォン、フェンタニルはどれも使用できますが、高度の腎機能障害がある場合はフェンタニル製剤が向いています。

腸の運動を抑制したり便秘を増悪させたくない場合はフェンタニル製剤

これらの製剤の中では、フェンタニル製剤が一番便秘が軽く、腸の運動の抑制も軽いです。

それなので、フェンタニル製剤一択になります。

呼吸困難や咳がある場合は、逆にフェンタニル製剤は避ける

呼吸困難や咳に関しては、逆にフェンタニル製剤の効果が今ひとつとされているので、他の薬剤が優先されます。

なお、咳に対して処方されるコデインは、代謝されるとモルヒネになりますが、モルヒネ・オキシコドン・ヒドロモルフォンと併用することの意義はあまりはっきりしておらず、モルヒネ・オキシコドン・ヒドロモルフォンもいずれも咳を緩和しうるので併用せずに一剤(コデインを中止して)投与が行われます。

 

共通してだめなことは

共通してだめなこともあります。

それは痛みや呼吸困難、咳以外に対して使用することです。

またがん以外の痛みに安易に処方されたり、あるいはがんの痛みの場合もむやみやたらと増やしすぎない等の注意が必要です。

下記の動画でもモルヒネ等の医療用麻薬を使ってはいけない病態等について解説しました。

 

まとめ

どれも使い方に留意すれば有益な薬剤です。

いずれも医療用麻薬ですが、がんの痛みの場合はくせにもなりません。

ただもちろん一般の臨床医も医療用麻薬の使用に習熟している医師もいますが、できれば医療用麻薬の専門家である緩和ケアの専門家によく相談するのが良いとは思います。

関係ない症状にまで用いることは控えるのが良いでしょうね。

 

がんになっても、なっていなくても1分でも長生きする方法を本にしました。

↓↓↓↓↓↓↓

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

Pocket
LINEで送る