がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療(オンライン診療)にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

がんの種類別緩和ケア

大腸がんの緩和ケア・末期大腸癌の緩和ケア

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説する大腸がんの緩和ケア・末期大腸癌の緩和ケア

大腸がんの緩和ケアは進歩した

大腸がんは、消化管の腫瘍なので、大腸がんが進行すると腸閉塞となり、溜まった腸液を間断なく嘔吐するようになり、イレウス管という管を鼻から胃を通して小腸にまで進めて留置して、腸液を汲み出す治療を行わねばなりませんでした。

腸閉塞自体もつらいですが、鼻からの管をずっと入れておかねばならないのも相応な苦痛でした。

しかし、腸閉塞の治療は大変進歩しました。

上の動画でも解説しましたが、薬剤でこの腸閉塞を解除・軽減することができるようになっています。

お腹の中に腫瘍が散在し、狭くなっている部分は複数箇所に及ぶことが多く、以前のように手術で解除しようとするケースは減りました。実際、狭窄を解除したとしても、また別の狭窄が起きてきてしまうのです。

それよりは(高度進行例では)、薬剤で腸液を減らしたり、狭窄を軽減したりするほうが有効です。

大腸がんも、進行がんで根治不能な場合でも、長期生存が期待できる腫瘍で、長期の治療を受けられる方も多くいらっしゃいます。

そのため、抗がん剤治療の副作用対策も必要になります。

早期からの緩和ケアの並行が肝要でしょう。

 

大腸がんの苦痛症状

緩和ケア情報をお届けする早期緩和ケア相談所ページでも、大腸がんの緩和ケアを紹介しています。

参考;大腸がんの緩和ケア 大腸癌の早期緩和ケア・終末期ケア

大腸がんは肝臓などに転移し、痛みの原因になります。

大動脈周囲リンパ節腫脹から近傍の神経叢(しんけいそう。網目状構造の神経細胞の小集団)に浸潤し腹痛の原因になったり、腫瘍が骨に浸潤するケースもあります。

直腸がんは難治性の神経障害性疼痛の原因となります。

特に、骨浸潤や骨盤神経叢浸潤は激しい痛みの原因となりうるので、手厚い緩和医療が必要です。

腸閉塞もかなり強い疝痛(せんつう。発作的に起こるはげしい腹痛)の原因になります。

大腸がんも上記のように種々の痛みを起こしてくる腫瘍なので、緩和ケアを行うのには専門的知識と経験が必要で、熟達した医師に相談する必要があります。

腸閉塞は医療用麻薬が効きづらいので、オクトレオチドやブチルスコポラミン、ステロイドなどで加療します。

他の痛みは、医療用麻薬にアセトアミノフェン、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)などを組み合わせて治療します。

神経叢浸潤に伴う神経障害性疼痛には、鎮痛補助薬(痛み以外の主作用がある薬剤だが、痛みにも作用する薬剤。プレガバリン<商品名リリカ>やデュロキセチン<商品名サインバルタ>などは、神経障害性疼痛に対する適応もある)を追加することもあります。

 

最終末期の身の置き所のなさは鎮静で対応

末期大腸がんになると、倦怠感やせん妄が出現・増悪します。

余命数日となると、身の置き所のない様態を示し、患者さんは苦しまれ、看ているご家族もつらいです。

このような時の緩和策が「鎮静」を受けることです。

参考;苦痛緩和のための鎮静を知ることでつらい最期を回避

参考動画;終末期の切り札 鎮静の真実

上記の参考資料や動画もご覧ください。

命を縮めず、眠った状態に導かれることで、苦痛緩和されます。

大腸がんの患者さんは、他の腫瘍の最終末期と同様に、身の置き所のない様態を示すことがしばしばあるため、鎮静ができる医師にかかると安心だと考えられます。

 

まとめ

大腸がんの緩和ケアに関して動画で解説しました。

生きるために緩和ケアを併用する流れがますます加速してきています。

参考;腫瘍学<がん治療・抗がん剤治療等>と緩和ケアの統合(早期からの緩和ケア)は世界的な課題

攻めの治療に守りの治療を追加することが、良い結果を得ることにつながります。

参考;がん治療に鉄壁の防御を 患者会・緩和ケア外来

早期からの緩和ケアをご活用頂ければと思いますね。

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

 

 

 

Pocket