がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が提供。全国相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケア 病院 東京

新宿・池袋・渋谷・品川から近い東京緩和ケア外来クリニック

東京文京区にある早期緩和ケア大津秀一クリニック外来へのアクセス図

オンライン診療のしばり「初回からはだめ」

現在オンライン診療には制限があり、初回からの診療は原則いけないことになっています。

それなのでオンライン診療をご希望の方でも、一度来院して頂くことになっています。

そのため、山手線の主要駅及び羽田空港から近く、かつ東京の名だたる大病院とも近い場所として、現在の文京区の所在地を選択しました。

 

実は主要駅から近い 新幹線で品川駅や東京駅まで来てアクセス可能

初回にお越し頂く際の利便性については下記で解説しています。

クリニック外来の特性とアクセス

新宿駅からは19分、池袋駅からは9分、渋谷駅からは24分、東京駅からは25分、品川駅からは33分、羽田空港からは46分です。

これはグーグルマップで計算しているので、盛り盛りな数字ではありません。

がんセンタークリニック入り口まで所要36分)やがん研有明病院(同。所要44分)、他東京大学病院、東京医科歯科大学病院、慶応大学病院、順天堂大学病院、日本医科大学病院等の有名大学病院(いずれもクリニック入り口まで30分以内)、各有名病院(例えば広尾の日本赤十字社医療センター44分)となっています。

 

緩和ケアは劇的奏効ではなく、徐々に改善を目指すもの

早期緩和ケアが生存期間延長にも寄与しうることは何度も説明しています。

生きるための緩和ケア

一方で、さすがに1、2回では良い効果は得られにくいこともお伝えしました。

早期緩和ケアチームでも回数が少ないと効果が弱いという研究

がん治療でさえ、繰り返し薬剤を投与するのです。

緩和ケアのみは1回で劇的な奏効を目指すのは適切な考え方とは言い難いでしょう。

緩和ケアはがん治療及び病気と付き合う期間の全期間において、守りの医療を提供するものです。

習慣や思考、行動の癖は、そうそう変わりません。

せっかく変化があっても、時々変わる機会がないと、またもとに戻ってしまうこともあるでしょう。

だからこそ、定期受診の意味があるのです。

そしてだからこそ、諸外国の緩和ケア研究で定期的な(ある種)強制的な受診で、良い効果が得られていることに注意する必要があります。

早期緩和ケアは定期的にかかるのが大切であることは知っておくと良い情報でしょう。

がんになっても、なっていなくても1分でも長生きする方法を本にしました。

↓↓↓↓↓↓↓

 

家族への緩和ケアの伝え方を動画にしました。

↓↓↓↓↓↓↓

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

Pocket
LINEで送る