がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。スマートフォン等を用いたビデオ通話で相談することもできます。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケア クリニック

治療したいという希望があるならばがん緩和ケア外来に通院するべき

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説するがん治療を続けるための緩和ケア

治療の諦め=緩和ケアではない

緩和ケアが末期だとの誤解は、治療の諦めと緩和ケアが同義であるとの解釈を生んでしまってもいます。

実際にいまだ、「これからは緩和ケアの時期です」「あとは緩和で」等の説明が、がん治療の拠点病院でも(医師による差がありますが)まかり通っています。

実はこのような医療者側の言葉のチョイスの良くなさもあり、緩和ケア=治療しないこと、という誤解が再生産され続けてしまっているのですね。

 

緩和ケアは並行の医療・ケアで、替わりではなく、替えがきかない

このような「切り替え」的な説明は良くありません。

もっとも説明する側(医療者)は、治療がまだないわけではない、それが緩和ケア、というような意味で伝えている(それだと良心の呵責も少なくなる)ようなのですが、聞くほうからすると、良いイメージではありませんね。

緩和ケアは切り替えの医療ではなく、最初から最後まで(あるいは根治まで)並行させるものです。

切れ目のない緩和ケア 早期から末期まで 早期緩和ケア外来の大津秀一クリニックは病院と同じ入院も含めた緩和ケアを提供します

参考;早期から根治まで・早期から最後まで

言い方を変えれば、「替えがきかない医療でありケア」です。

実際に、がん治療等において、副作用を伴う攻撃の治療に対して、守りの医療は不足しています。

参考;がん治療に鉄壁の防御を 患者会・緩和ケア外来

攻撃と並行して守りのケアを受けてゆくことが肝要です。

 

緩和ケアから逃げるのは逆効果に

心身の不調は、治療継続の不能を招きます。

実際に、緩和ケア外来に通うことで、心身の調子を取り戻し再び治療を受けられるようになったりされる方も多くいらっしゃいます。

緩和ケアは末期だから受けたくない、と避け続けると、逆にしたい治療が受けられなくなってしまうことがないとも言えません。

ただ問題は、もう治療ができないほどに身体が弱っているような場合です。

そのような場合は、緩和ケアでも元の状態に戻すのは難しくなります。

それなので、早期からの緩和ケアと異なり、腫瘍の高度進行期などの緩和ケアではできることに制約も生じてきます。

病状が非常に進行しているような場合は、いたずらにがん治療に拘泥することがむしろ命を縮めることもあり、できる範囲での苦痛軽減策を駆使し、適切な選択を支援することによっての延命を目指します。

参考;早期からの緩和ケア外来が目指すもの 余命の延長・予後の改善 

しかしこの前段階においては、できる治療を行えるように、抗がん剤等の副作用対策も担当医が行ってくれているものに+αで行うことにより、心身の負担軽減と円滑な治療継続を目指します。

 

まとめ

緩和ケアを治療中断と捉えておられる方がいます。

確かに緩和ケア病棟ホスピスは、がん治療を中止しないと面談してくれない施設もあるので、治療中断と関連します。

しかし緩和ケア外来は、治療終了とは無関係で、むしろ抗がん剤治療などのがん治療が円滑に送れることを支援する働きもあります。

治療したいという希望があるならば緩和ケア外来に並行して通院するのが良いでしょう。

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

ぜひチャンネル登録・ブックマークよろしくお願い申し上げます。

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

Pocket
LINEで送る