がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず受診できます。遠隔診療(オンライン診療)にも対応しており、診療所は東京の椿山荘の近くにありますが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

お知らせ

PCの症状を緩和ケア DELLとVostroとBitLocker回復キー

DELLとVostroとBitLocker

今日は緩和ケアとは直接関係がない話なので、読み流してください。

ただ同じ”症状”を出している方や今後出される方もいると思いますので、困っている方のお役に立てばと記します。

 

恐怖、30分前に動いていたパソコンが突然使えなくなる

30分程前まで普通に作業をしていました。

それが突然、青画面に。

BitLockerの回復キーを要求する画面となったのです。

具体的な画面は下記のリンクにあります。

[Windows 10] 青い画面が表示され回復キーの入力を求められます。

その時まで知らなかったのですが、最近のWindowsのPCにはBitLockerというものが搭載されており、何らかのきっかけで発動するのだそうです。

そしてこれが悪夢の始まりでした……。

 

初期化せざるを得ない瀬戸際に

この画面から抜け出してPCを使えるようになるには

◎48桁の数字を事前に書き留めている

◎あるいは登録メールアドレスに回復キーを送ってもらう

必要があるとわかりました。

BitLockerの存在すら知らなかったので、前者は書き留めていません。

後者なのですが、やっとの思いでメールアドレスに送ってもらうようにしたのにもかかわらず、「回復キーはありません」とのこと(※そんなこともあるようです)。

途方に暮れてしまいました……。

これで数時間

たまたま休日だったから良かったものの、診療日だったらと考えると空恐ろしかったです。

なにせ30分前まで普通に動いていたのですよ。

さて、仕事の続きをやろう、と思ったらこの有様で、回復不能だったのです。

ネットをフルに検索していると、しかもなんと、「回復キーがなければ、工場出荷時に戻さないといけない」「最高にやっかいなトラブル」等と書いてあるではないですか。

なんでこんな厄介なシステムが入っているのか(※もちろんその意義もまた知った上で)……、恨みました。

 

諦めない緩和ケア力が作動

先日やっとの思いでレセプトシステムもPCに導入したばかりです。

それがパアか……と思うとやりきれません。

ここまで一からやってきた諸作業の相当な部分がやり直しになるかと思うと愕然としました。

しかし「諦めない」緩和ケアがモットーの私は、検索に検索を重ねました。

すると……

使用パソコンであるDELLの「よくある質問ページ」でたまたま下の記載を見つけました

Vostro 3568/3468 をご利用の場合、Windows Update後にBitLockerが回復キーを要求してくる場合があります

NEW! Vostro 3568/3468 をご利用の場合、Windows Update後にBitLockerが回復キーを要求してくる場合があります。
回復キーが分からない場合は「BitLocker 回復キーを探す」(マイクロソフトサイト)へ、BitLocker設定をしていない又は回復キーを入力してもWindowsが起動しない場合はBIOSダウングレードで改善する可能性があります。電源投入後DELLロゴ画面でF2キーを数回連打して現在のBIOSバージョンをご確認後、BIOSバージョンが2.5.0又は2.6.0の場合は、次の記事を参考に2.3.0へのダウングレードをお試しください。 ブートメニューからBIOSを更新する方法 

Windowsが起動したら、「Bitlocker」「デバイスの暗号化」の状態を確認してください。それぞれ有効になっている場合は再発防止のため、次の記事を参考に無効化をお試しください。
(Windows 10)Bitlockerを無効にする方法
(Windows 10)デバイスの暗号化をオフにする方法

は、早く教えてくださいよ!

さっそく他のPCを使ってUSBにBIOSバージョン2.3.0をダウンロードし、USBをトラブル発生中のパソコンに挿して立ち上げ、下の記載の手順のごとく、まずは「F12キーを連打しました」

ブートメニューからBIOSを更新する方法

作業完了。

祈るような気持ちで画面を見つめました……時間が長く感じます。

……すると!

 

おかげさまで、普通にPCが使えるようになったのです。

 

 

厄介なWindows10のアップデート

半日が潰れてしまいましたが、初期化する寸前まで行ったので、危なかったです。

しかも初期化しても青画面が出続ける等ともネットで書かれている方もいて、進退窮まっていました。

たまたまDELLの当該ページを見つけてトライしてみたから良かったものの、この問題に突然遭遇して大変な状況の方もいるのではないかと思い共有しました。

なお機種はDELLのVostro 3568なのでまさにドンピシャな機種なのですが、上のDELLのお知らせページになかなか検索で行き当たらなかったのです。

思えば、4月頃もWindowsの別PCで、自動的に為されるアップデート後にマウスやキーボードが効かなくなったり、何らかの更新後に起こるこれらのトラブルには辟易です。さっそく手動に切り替えました。

DELLでVostroでBitLocker回復キーでにっちもさっちもいかない場合は、まずは「BIOSバージョンダウングレードを!」くれぐれも初期化せず、一度やってみてください。

そんな形で、全く望んでもいないのに、BitLockerによるパソコン使用不能を緩和したというお話でした。

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。

ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

ぜひチャンネル登録・ブックマークよろしくお願い申し上げます。

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

 

 

 

Pocket