• 早期緩和ケア大津秀一クリニックが連携して提供する全国サービス「どこでも緩和」

緩和ケアクリニックでがんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国対応。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来で東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。スマートフォン等を用いたビデオ通話で相談することもできます。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

卵巣がん 緩和ケア

卵巣がん末期・進行卵巣癌はどうなる? 元気で長生きの方法と症状は?

卵巣がんの緩和ケア・末期卵巣癌の緩和ケア

卵巣がん末期・進行卵巣がんの症状と、どうすれば苦痛が少なく穏やかに元気で長生きできるのかを解説します。

進行卵巣がんの緩和ケア

卵巣は腹腔内に露出しているため、進行例では腹膜播種との闘いとなります。

そのため、腹膜播種からの諸症状が問題になります。

腹膜播種は

①痛みの原因になる

②腸閉塞を起こす

③腹水を来たす

という特徴がありますが、卵巣がんは③が比較的早い段階から出ます。

逆に言うと、卵巣がんは推測余命が長くても腹水が出るので、腹水での病悩期間が長いという特徴が挙げられます。

卵巣がんも抗がん剤治療が行われますが、ベバシズマブ(商品名アバスチン)の他、2018年よりオラパリブ(商品名リムパーザ)などの分子標的薬も使用されるようになりました。

これら抗がん剤などのがん治療の副作用対策も必要になります。

 

罹患の数は多くないがしばしば手強い卵巣がん

卵巣がんは、女性がなるがんの中では、1位・2位といった位置を占めてはいません。

参考;地域がん登録全国合計によるがん罹患データ

女性のがんの中では、乳がんは頻度が圧倒的に多く(1位)、次が子宮がん(5位)です。

しかし卵巣がんは、なかなか手ごわい側面があります。

それなので、患者数あたりの死亡率は婦人科癌のなかでもっとも高いとされています。

卵巣癌

何が問題となるのでしょうか。

 

早期発見を妨げる特性

卵巣がんは早期の発見が難しいという特徴があります。

それなので病期が進んでから診断されます。

それが予後と関係しえます。

卵巣は腹腔内に露出しており、容易に腹腔内に進展します。

しかしなかなか症状が出ません。

そのため、治療の開始が遅くなりがちです。

他に、デノボがんといった、急速に発生するがんがあることも知られています。

数ヶ月で進行がんになる例があることが指摘されています

このような容易ではない特徴があるのです。

 

治療選択肢も乳がんや肺がんほどはない

「これが効かないと、もうあまり効く治療がないですね」

と早めから言われる傾向があることも、患者さんの声からわかります。

卵巣がんは一般に、化学療法のプラチナ系製剤、タキサン系製剤への感受性が強いことが知られています。

参考;卵巣癌の治療はこの数年で大きく変わる

上の記事にもあるように、すでに使用可能となっているPARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)阻害薬のオラパリブの他、今後出るだろうPARP阻害薬ニラパリブや、免疫チェックポイント阻害薬(上の記事だとニボルマブ、ペムブロリズマブ、アベルマブ、アテゾリズマブが挙げられています)なども新規治療として採用されてくるでしょう。

ベバシズマブがらみの多剤併用療法でも、様々な知見が出てきていますね。

再発卵巣癌でプラチナ製剤ベースの再治療に適した患者では、カルボプラチン+ドキソルビシン内包PEGリポソーム(PLD)+ベバシズマブ(CD-BEV)が、カルボプラチン+ゲムシタビン+ベバシズマブ(CG-BEV)と比較して無増悪生存期間(PFS)を有意に延長

基本的には長期生存が、さらなる新治療が適応される時期となることを呼び込みます。

心身の消耗を減らすべく、また抗がん剤治療等による損耗を防ぐべく、早期緩和ケアは欠かせません。

 

腹水や腸閉塞が問題になる

卵巣がんでは腹水や腸閉塞が問題となるのは既報通りですので、ぜひ下記をご覧ください。

卵巣がんの緩和ケア・末期卵巣癌の緩和ケア

腹水に関しては、大腸がんの治療に使われるVEGF阻害剤のアフリベルセプトが奏効したという報告はありますね。穿刺の期間が延長しました。

Intravenous aflibercept for treatment of recurrent symptomatic malignant ascites in patients with advanced ovarian cancer: a phase 2, randomised, double-blind, placebo-controlled study(英語)

ただ日本では、卵巣がんの腹水マネジメントへの適応はありません。

アフリベルセプトはVEGF阻害剤なので、基本的にはベバシズマブ(商品名アバスチン)と同じカテゴリーの薬剤です。

参考;アバスチン、サイラムザ、そしてザルトラップ。3つの血管新生阻害剤(VEGF阻害剤)の違いを3つのがん種別にまとめてみた

ということは、上記の参考にあるように違いはあれども、アバスチンは奏効する可能性がありますね。

しかし、アフリベルセプトもベバシズマブと同様に、消化管穿孔を起こしえますし、実際上記の卵巣がんの腹水に用いた研究でも、消化管穿孔が3例出ています。

なかなか難しいところですね。

 

卵巣がんの苦痛症状

緩和ケア情報をお届けする早期緩和ケア相談所ページでも、卵巣がんの緩和ケアを紹介しています。

参考;卵巣がんの緩和ケア 卵巣癌の早期からの緩和ケア

腹膜播種は痛みの原因になります。

医療用麻薬が疼痛の緩和に有効です。アセトアミノフェン、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)などを組み合わせることもあります。

先述したように、腹膜播種は痛みの原因になる他、腸閉塞を来します。

腸閉塞もかなり強い疝痛(せんつう。発作的に起こるはげしい腹痛)の原因になります。

腸閉塞は、オクトレオチドやステロイドで加療します。

腹水に関してはなかなか有効な薬剤がなく、穿刺排液(針を刺して腹水を抜くこと)が中心になります。

腹水濃縮再静注(腹水中のアルブミンなどを抽出して血液に戻す)が、単なる腹水穿刺排液よりも優れているかは議論があります。

私は無理に行わなくても良いと考えています(個人的見解です)。

 

最終末期の身の置き所のなさは鎮静で対応

末期卵巣がんになると、倦怠感やせん妄が出現・増悪します。

コントロール不能の腹水による腹部膨満感も、患者さんによっては大きな苦痛となります。

余命数日となると、身の置き所のない様態を示し、患者さんは苦しまれ、看ているご家族もつらいです。

このような時の緩和策が「鎮静」を受けることです。

参考;苦痛緩和のための鎮静を知ることでつらい最期を回避

参考動画;終末期の切り札 鎮静の真実

上記の参考資料や動画もご覧ください。

命を縮めず、眠った状態に導かれることで、苦痛緩和されます。

卵巣がんの患者さんは、他の腫瘍の最終末期と同様に、身の置き所のない様態を示すことがしばしばあるため、鎮静ができる医師にかかると安心だと考えられます。

 

まとめ

卵巣がんの緩和ケアに関して解説しました。

全期間を通じた症状緩和や不安の解消、正しい選択の支援が必要となるでしょう。

容易ではない病気だからこそ、いざとなってからではなく、早期から緩和ケアをしっかり併用していきたいところです。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

つらさから解放され、病気に負けずにうまく付き合うための情報はこちらで入手できます

健康長生きの方法と準備のポイントをまとめた最新刊

↓↓↓↓↓↓↓



 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「早期緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

早期からの緩和ケア医ツイッターです。

フォローお願い申し上げます。

大津秀一ツイッターの画像です

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

 

 

非オープン情報含む無料メルマガ登録はこちら