がんや慢性病のつらい症状や痛み、不安の早期からの緩和ケアを末期に限らず専門医大津秀一が全国提供。遠隔相談可オンライン対応緩和ケア外来クリニックで東京文京区所在。病気の進み具合や種類を問わず早期受診できます。再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。内科専門医でもあり身体全般に詳しいです。緩和ケア・緩和医療といえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

緩和ケア・緩和医療

がん診断時からの緩和ケア がん告知時からの緩和ケアをどうする?

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説するがん診断時からの緩和ケア がん告知時からの緩和ケアをどうする?

診断された時からの緩和ケアをどうする?

国は2012年から「診断された時からの緩和ケア」をうたっています。

しかし普及どころか、周知も進んでいないことはこのサイトでも紹介して来た通りです。

けれども、進行がんの場合に、あるいは他の疾病の場合でも、診断された時から緩和ケアを受けることが、生活の質の改善や抑うつの減少という良い効果を得ることができることは、すでに海外の諸研究でも示されています。

あまつさえ、緩和ケア受診が3ヵ月遅れるだけで1年生存率まで差がつくという話まであります。

診断時からの早期緩和ケア定期受診で1年生存率が向上する【遠隔相談で】

たかが症状緩和でしょ、などと言っていられない知見が出て来ていますね。

ところが、診断された時から緩和ケアを情報提供され、あるいは知っていて、診断時や告知時からすぐに動いている方はどれだけいるのでしょうか?

ほとんどいないと言っても過言ではないと思います。

 

病気への適応を甘く見てはいけない

治療というと、すぐに薬剤や免疫等が思い浮かぶと思います。

手術や放射線治療もあるでしょう。

それらは確かに、とても大切です。

けれども、病とうまく対峙し、付き合う、その方法を知ることも、実は厳しい闘いを有利に進め、最終的な良い結果をつかみ取るために重要なことは、以前も述べました。

がん治療に関しては免疫治療も含めて薬物優先主義はなぜ?

例えば、代替医療「だけ」やっている群では死亡リスクが高くなるとした研究もあるように、間違った病気との付き合いをすると、悲しい結末が近づきます。

その一つ一つの、小さなものから大きなものまである決断を、病者は基本最後は一人で決めねばなりません。

早期からの緩和ケアはその決断の重要な支援者ともなるのです。

 

診断された時からの緩和ケア ではどうする?

担当医も、その医師によっては、非常にサポーティブに関わってくれるケースもあります。

医師からはしっかり情報を引き出すことが肝要です。

そしてまた、医療スタッフを上手に活用することが大切です。

病院の医師は時間がなかなか割けません。

いかに医師以外のスタッフから情報を得るかが重要になるでしょう。

困っていることは積極的に口に出し、助言を求めましょう。

それが早期からの緩和ケアの第一歩です。

 

病への適応を助けるのが早期緩和ケアと解すると、患者会も

述べたように、早期緩和ケアは病への上手な適応を助けるものです。

そう解すれば、やはり患者会は重要な早期緩和ケアの受け方の一つと言えそうです。

なるべく早く、同じ病気の患者会に参加してみましょう。

病気の付き合い方の先輩たちからいろいろ学ぶことがあるでしょう。

ただ患者会も充実度には地域差があり、お住まいの地域によってはなかなか難しいこともあるかもしれません。

 

そのような場合の当院早期緩和ケア外来

早期緩和ケアは、腫瘍治療チームが提供するものと、一般には考えられています。

そして、緩和ケアの専門家ともジョイントし、適切な支援を行います。

問題は、皆さんに関与するだろう腫瘍治療チームの、緩和ケアの充実度がそれこそ千差万別であることです。

ケースによっては、まったく早期から(場合によっては相当遅くまで)緩和ケア的なアプローチを受けられないという場合もあるのは現実です。

すべてに、診断時や告知時から緩和ケアの専門家の支援が必要とは言えないかもしれません。

しかし実際には、腫瘍治療チームの緩和ケア力によっては、最初期から緩和ケアの専門家が関与するほうが、述べてきたような病との上手な付き合い方や正しい選択の支援を行うことから、生活の質の向上や長期生存によりつながるだろう場合があるでしょう。

最初から、当院のような専門サービスを受けるメリットがある事例も多々あると考えられ、それを想定してオンライン機能も設けた診断時からの緩和ケア併診を行って全国対応しています。

 

まとめ

がんを患っていても、歯が悪ければ歯科に、眼が不調ならば眼科にかかるのが当然でしょう。

なぜこれまで、症状を緩和し、病への適応と付き合い、正しい選択を支援する緩和ケアに関しては、最初から専門家にかかるという選択肢があまり生じなかったのかが不思議です。

もちろんそれは緩和ケアの専門家の数の不足もあったでしょう。

いずれにせよ、最初から併診の価値がある部門として、緩和ケア科があるのだということは、もっと周知されてほしいものです。

皆さんもぜひ周囲にがんと診断された方や告知を受けた方がいらっしゃったら、早期からの緩和ケアの必要性と受け方について情報提供して頂ければと存じます。

 

家族への緩和ケアの伝え方を動画にしました。

↓↓↓↓↓↓↓

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る