がんや慢性の病気によるつらい症状や痛み、不安を和らげる緩和ケアを、患者さんとご家族に専門家の医師が提供する緩和ケア外来クリニック。病気の進み具合を問わず早期受診できます。遠隔診療(オンライン診療)で全国対応可能。診療所は東京文京区所在(椿山荘の近く)ですが、再診以降は全国どこにお住まいでもスマートフォン等を用いたビデオ通話で診察・処方を受けることもできます(処方を伴わない相談は初回から遠隔対応も可能)。緩和ケアといえば当院にご相談ください。【診療科:緩和ケア内科・疼痛緩和内科・がん内科・がん精神科】

膵臓がん 緩和ケア

膵臓がんの緩和ケア・末期すい臓がんの緩和ケア(膵臓癌の緩和医療)

早期緩和ケアクリニック外来の緩和医療専門医(緩和ケア医)大津秀一が解説する膵臓がん(すい臓がん、膵癌)の緩和ケア

進行膵臓がんの緩和ケア

膵臓がんの緩和ケアについて動画でも解説しました。

膵臓がんは、患者さんが一番認識されているように、必ずしも容易ではない腫瘍です。

使える薬剤にも制限があり、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬はほとんど治療適応がありません。

術後化学療法はTS-1の半年が中心です。

再発・治癒切除不能時にはFOLFIRINOX【フォルフィリノックス。オキサリプラチン(L-OHP:商品名エルプラット)、イリノテカン(CPT-11:商品名カンプト等)、レボホリナート(l-LV:商品名アイソボリン他)、フルオロウラシル(5-FU:商品名同じ)】という4剤併用療法が行われます。

これら抗がん剤などのがん治療の副作用対策も必要になります。

治療選択肢のある程度の限定性や、高度進行例の厳しい経過を考えると、早期からの緩和ケアの並行がかなり重要な腫瘍です。必須に近いと考えても良いでしょう。

 

膵臓がんの苦痛症状

緩和ケア情報をお届けする早期緩和ケア相談所ページでも、膵臓がんの緩和ケアを紹介しています。

参考;膵臓がんの緩和ケア すい臓がんの早期からの緩和ケア

膵臓がんが進行すると痛みの原因になります。

医療用麻薬が疼痛の緩和に有効です。アセトアミノフェン、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)などを組み合わせることもあります。

膵臓がんは進行初期は内臓痛なので、医療用麻薬がよく効きます。

しかし進行するに伴い、「だんだん効かなくなった」等と苦痛を訴えられる方がいます。

それは医療用麻薬が連用で効かなくなるわけではなく、膵臓がんは進行に伴い、腹腔神経叢浸潤(ふくくうしんけいそうしんじゅん。上腹部の神経が網の目状になっている部位へのがんの進展)から難治性の神経障害性疼痛(神経の痛み)を来しえます。

神経の痛みには内臓の痛みほど医療用麻薬がよく効かないので、痛みに神経の痛みの要素が強くなると、まるで効かなくなったように感じてしまうのです。

神経叢浸潤に伴う神経障害性疼痛には、鎮痛補助薬(痛み以外の主作用がある薬剤だが、痛みにも作用する薬剤。プレガバリン<商品名リリカ>やデュロキセチン<商品名サインバルタ>などは、神経障害性疼痛に対する適応もある)を、医療用麻薬等に追加することもあります。

また麻酔科の専門医が行う、神経ブロックを追加するのを検討する場合もあります。

このように難治性の疼痛を形成することもあるので、緩和ケアの担当者への相談も勧められます。

他、肝臓に転移したり、がん性腹膜炎を来して痛みや腹水を来してくる場合や、十二指腸狭窄から上部消化管閉塞を来たすこともあるなど、多様な病態を形成しえます。

 

最終末期の身の置き所のなさは鎮静で対応

末期膵臓がんになると、倦怠感やせん妄が出現・増悪します。

余命数日となると、身の置き所のない様態を示し、患者さんは苦しまれ、看ているご家族もつらいです。

このような時の緩和策が「鎮静」を受けることです。

参考;苦痛緩和のための鎮静を知ることでつらい最期を回避

参考動画;終末期の切り札 鎮静の真実

上記の参考資料や動画もご覧ください。

命を縮めず、眠った状態に導かれることで、苦痛緩和されます。

膵臓がんの患者さんは、他の腫瘍の最終末期と同様に、身の置き所のない様態を示すことがしばしばあるため、鎮静ができる医師にかかると安心だと考えられます。

 

まとめ

膵臓がんの緩和ケアに関しては動画で解説しています。

生きるために緩和ケアを併用する流れがますます加速してきています。

参考;腫瘍学<がん治療・抗がん剤治療等>と緩和ケアの統合(早期からの緩和ケア)は世界的な課題

攻めの治療に守りの治療を追加することが、良い結果を得ることにつながります。

参考;がん治療に鉄壁の防御を 患者会・緩和ケア外来

早期からの緩和ケアをご活用頂ければと思いますね。

 

RESERVA予約システムから予約する

 

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

 

Pocket
LINEで送る